らくらく号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
らくらく号

らくらく号(らくらくごう)とは、岐阜県関市岐阜県博物館百年公園内)にあるスロープカーである。

岐阜県博物館の玄関の手前には、傾斜約25度、長さ90mの急坂があり、高齢者や身体障害者にとっては大きな障害となっていた。

そのため、スロープカーを設置し、高齢者や身体障害者にも安全に来館できるようにした。

なお、スロープカーはモノレールの一種だが、法律上鉄道ではない。

路線データ[編集]

  • 全長 : 87m
  • 高低差 : 13m
  • 最急勾配 : 24度
  • 定員 : 8人
  • 運転時分 : 約1分

運転方法[編集]

利用者のボタン操作により自動的に作動し、目的地で停止するようになっており、運転士はいない。

  1. 乗る際は呼び出しボタンを押し、らくらく号が来るのを待つ。
  2. 到着すると自動的に扉が開く。乗車すると閉ボタンで扉を閉める。
  3. 車内のスタートボタンを押し、出発する。
  4. 到着すると、自動で扉が開き、降車する。

歴史[編集]

  • 2002年平成14年)3月:開業
  • 2003年(平成15年)2月6日:愛称が「らくらく号」に決定する。

外部リンク[編集]