べこもち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
べこもち

べこもちは、和菓子の一つ。北海道から東北地方の一部で、5月端午の節句に食べられる。他の地方における柏餅のような位置づけの祝い菓子である。

概要[編集]

材料は、白玉粉もしくは上新粉片栗粉砂糖黒砂糖である。

まず、砂糖と白玉粉による白色の生地と、黒砂糖と白玉粉による黒色の生地を作る。二色の生地を用い、白黒のツートンカラーの餅を作り、それを木の葉型に整える。

完成品が、白黒まだらの(べこ)のようにみえるため、この名で呼ばれているとされる。

地方によっては、あんこを米粉の餅生地に練りこんだものを素の生地に包み、色々な模様を中に作って、それを均等に切り分け、蒸す物もある。こちらの名前の由来は、切り分ける前の形が牛(べこ)の背の形に見えるため。


外部リンク[編集]