かぼすブリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

かぼすブリは、大分県特産のカボスをエサに加えて育てられる養殖ブリである。 かぼすヒラメとともに、大分県の新たなブランド魚となっている[1]

特徴[編集]

血合い(赤身の部分)が鮮やかで、風味が良く、さっぱりとした食味が特徴である。 ブリの切り身はカンパチヒラマサより血合肉が早く変色し、同じ鮮度でも商品価値が低下するという難点があるが、かぼすブリは、カボスに含まれるポリフェノールビタミンC等の抗酸化作用により血合肉の鮮やかな色が最大40時間持続する[2]。 食味については、歯ごたえがよく、さっぱりしていて、風味がよい[3]

主な産地は、佐伯市臼杵市[4]

食べ方[編集]

旬(出荷時期)は、11〜3月。

脂がしつこくなくさっぱりしており、食べ方としては刺身カルパッチョが美味とされるほか、ブリしゃぶもおすすめされている[5][4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]