ZK-383短機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ZK-383
ZK-383
種類 短機関銃
製造国 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
設計・製造 ブルーノ国営工場
仕様
口径 9mm
銃身長 325mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 30発(箱型弾倉)
全長 875mm
重量 3800g
発射速度 約500~700発/分
歴史
テンプレートを表示

ZK-383は、1937年チェコスロバキアで開発された短機関銃である。

チェコスロバキアのブルーノ国営工場の銃技師であるカウッキー兄弟により設計された短機関銃である。 特徴としては、短機関銃としては珍しく銃身被筒の下側に折り畳み式二脚が装着されており、銃剣の装着も可能であった。銃身被筒の先端にあるロック機構を操作することで、銃身を容易に着脱することができる。弾薬には9mmパラベラム弾が使用され、30発の箱型弾倉を機関部左横から装填し、機関部右横に空薬莢を排出する方式を採っている。射撃モードとして単射(セミオート)と連射(フルオート)を選択できる。安全装置はセレクターレバーとは別に設けられ、引き金の上側に配置されたクロスボルト(押しボタン)形状であった。遊底内にあるウェイトを着脱することにより連射速度の調節が可能で、ウェイトがある状態で約500発/分、ウエイトを除去した状態では約700発/分であった。リコイルスプリングは銃床の中に配置されている。

ZK-383は1937年からブルーノ国営工場などで量産が開始され、チェコ陸軍の他にもブルガリアベネズエラ、一部はドイツ軍などにも供給されている。その後ナチス・ドイツによりチェコスロバキアが併合されると、ZK-383はMP383(t)と命名され、武装親衛隊専用火器として1948年まで製造された。その後ZK-383は第二次世界大戦後の1960年頃までバルカン半島の国々などで使用された。銃身交換機能と二脚を廃止した簡易型として、警察向けのZK-383P、また戦後にZK-383Hが製造された。ZK-383Hの弾倉は銃の下側から装填され、持ち運びの利便のために装填状態で前方に折り畳むことができた。

関連項目[編集]