WorkPad

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

IBM WorkPad(アイ・ビー・エム ワークパッド)はIBMから発売されたPDAのシリーズ名である。PalmのシリーズとWindows CEの機種があった。

概要[編集]

WorkPad (8602-10U)
WorkPad初号機。1997年9月米国発売、日本では未発表。PalmPilot ProfessionalのOEMモデル[1]
WorkPad (8602-20X)
1998年4月米国発売、日本では未発表。ParmⅢのOEMモデル。
WorkPad (8602-30J)[2]
1999年2月23日発売開始。Palm Ⅲxの日本語化OEMモデル。Palm OS 3.1J搭載、本体メモリー4MB。
WorkPad c3 (8602-40J)[3]
1999年5月21日発売開始。Palm VのOEM日本語化モデル。Palm OS 3.1J搭載、本体メモリー4MB。
WorkPad c3 (8602-50J)
2000年4月28日発売開始。Palm Vxの日本語化OEMモデル。Palm OS 3.5J搭載、本体メモリー8MB。
WorkPad (8602-31J)
2000年7月21日(法人向け)・2000年11月22日(個人向け)に発売開始。上記30JにPHSモジュールを内蔵したモデル。
WorkPad c500 (8602-60U)
2001年5月米国発売、日本では未発表。Palm m500のOEMモデル。
WorkPad c505 (8602-70J)
2001年6月15日発売開始。Palm m505の日本語化OEMモデル。Palm OS 4.0J搭載、本体メモリー8MB。
WorkPad z50[4]
Windows CEを搭載したHPC[要曖昧さ回避]。1999年4月米国発売、日本では未発表。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.watch.impress.co.jp/mobile/column/palm/1999/10/07/
  2. ^ 日本IBM、Palm Ⅲx日本語版「WorkPad」”. PC Watch (1999年2月23日). 2012年8月31日閲覧。
  3. ^ IBM、薄型のWorkPad c3発表。PHSアダプタの開発も表明”. PC Watch (1999年5月11日). 2012年8月31日閲覧。
  4. ^ 米IBM、Windows CE H/PC Pro 3.0を搭載した「WorkPad z50」”. PC Watch (1999年5月7日). 2012年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]