WebCT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WebCT(ウェブシーティー)とは、ネットワーク上で教育環境を提供するシステム。

概要[編集]

WebCT は 1995 年にカナダのブリティッシュコロンビア大学で同大学講師マーレイ・ゴールドバーグにより開発された。当初は無料で公開していたが、多くの大学で利用されるようになり、継続的な開発とサポートのため 1997 年に WebCT 社が設立された。その後成長を続け、代表的なeラーニングプラットフォームの一つ(2005年には、全世界 1700 以上の教育機関に導入され 800 万人以上の学生に利用される)となる。2006年に、WebCT 社は Blackboard 社に買収され、WebCT というブランド名は公式にはなくなり、Blackboard Learning System として販売されるようになるが、現在も多くの大学では WebCT の名称を使用している。

主な機能[編集]

  • シラバスの掲載
  • 講義資料の提示
  • アンケートの実施
  • 小テストの実施
  • レポート管理
  • 掲示板・電子メール・チャット

WebCTを導入している日本の高等教育機関[編集]

関連項目[編集]