W89 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
W89
W89
W89
タイプ 核弾頭
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ空軍(計画)
アメリカ海軍(計画)
開発・生産
開発期間 1980年代-1991年(開発中止)
生産数 なし
要目
核出力 200kt
弾頭 熱核弾頭
直径 33.8cm
長さ 103.6cm
重量 147kg
テンプレートを表示

W89アメリカ合衆国が開発していた核弾頭AGM-131 SRAM IIミサイルやシーランスミサイル用に開発されていたが、冷戦の終結に伴い、開発中止となった。

概要[編集]

1980年代よりローレンス・リバモア国立研究所で開発が行われていた。1988年までにW89の名称が与えられている。サイズは直径33.8cm、長さ103.6cm、重量147kg。核出力は200kt。W89の特徴は、安全性が高いことにある。低感度爆薬の使用や耐火性向上、起爆装置の安全性向上が図られており、これらの考えは後に高信頼性代替核弾頭へと発展することとなった。1991年のAGM-131 SRAM IIミサイル開発中止後、SRAMミサイルにW69核弾頭の代替としてW89を搭載する構想もあったが、これも取り消され、結局1991年中に開発中止となった。

外部リンク[編集]