Ultra Red

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

『Ultra Red』(ウルトラレッド)は、鈴木央格闘漫画作品週刊少年ジャンプで 2002年45号から2003年29号に連載された。

概要[編集]

格闘技をテーマとした漫画で、実在の格闘技から架空の格闘技まで様々な格闘技が出てくる。

モブキャラとして、作者の前作でもあるライジングインパクトのキャラクターの一部が登場している。中にはチョイ役ではあるがモブ以外で登場しているキャラもいる。


物語[編集]

主人公・皇 閃(すめらぎ せん)が、様々な好敵手と闘い世界最強を目指す。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

  • 皇閃(すめらぎ せん)
本編の主人公。皇帝の息子であり、中学一年生(13歳)。関節破壊を追求した古流武術・破傀拳(はかいけん)の使い手。夢は世界最強になり、生き別れた父に会うこと。
普段は天真爛漫な少年。超人的な動体視力と運動能力を持つ。また、複雑骨折をわずか十日間で治すという驚異的な肉体の持ち主である。方向音痴。
  • 秋葉大樹(あきば たいき)
閃の下宿先の道場の息子。小柄で武術の腕も未熟だが、根性はある。

竜炎 (ドラゴンフレイム)[編集]

焔豪将騎が館長を務める総合格闘技道場。
  • 焰豪大我(えんごう たいが)
焔豪将騎の息子であり、竜炎大将。身長192cm。
未来の空手界の星と呼ばれ、全国大会七年連続優勝の記録保持者。格闘界では「関東の龍」の異名を持つ。
  • 渡辺則夫(わたなべ のりお)
竜炎副将。身長199cm。得意武術は相撲。生まれも育ちも生粋の福島県民で、格闘界では「東北の鬼」の異名を持つ。
片桐秀人を倒したことがきっかけで怒り、閃と対立するが、戦いが終えて、改めて閃の格闘技に対する志を聞くことで意気投合する。中学三年生だが、閃におっちゃん扱いされている。
  • 白羽三千也(しらは みちや)
竜炎正選手(レギュラー)。身長176cm。長髪で美形。敵の攻撃を予測する能力が長けており、「見切りの達人」と呼ばれている。
  • 片桐秀人(かたぎり ひでと)
得意武術はボクシング(作中では練習にてだけだが柔道の使い手でもある)。青色のトゲトゲとした髪型をしている。
昔は冷酷な性格だったが、閃に打ち負かされたことによりしだいに心が替わっていく。

大会参加者[編集]

  • 皇友(すめらぎ ゆう)
閃の従兄弟(帝の弟・崇の息子)。閃と同じ顔立ちをしているが、睫毛が長く、髪を束ねているため女性と間違われやすい。
八年前、大好きだった閃と朱門に置いて行かれたことに傷つき、二人を見返すために強くなることを誓う。
父・崇が編み出した筋肉をねじり上げるという新たな破傀拳を使う。
  • 山田吾郎(やまだ ごろう)
二回戦で閃と戦った選手。人体急所への突きを放つ蛇蠍拳(だかつけん)の使い手。正体は天才拳法少女火月礼央(かづき れお)
女でも男を倒し、世界最強になれるということを証明するために、男子の部に名前と格好を偽ってエントリーした。
閃と同じ礫中学校に通っている。成績優秀で、学校では優等生。また、弱い者いじめをしている連中を懲らしめるなど、正義感が強い。
  • 片桐貴人(かたぎり たかと)
片桐秀人の兄。身長188cm。昔から強さは別格で、そのレベルはボクシング世界Jr.で優勝するほど。予選で負けた弟をクズ扱いするなど残酷きわまりない性格。
唯一自分と渡り合えるのは焔豪大我だけと思っており、彼を倒して最強を確信しようと思っていたが、一回戦で閃に破れることとなる。
  • 倉橋正人(くらはし まさと)
山田吾郎(火月礼央)と1回戦で戦った選手。少林寺拳法の使い手で、廊下で片桐貴人と戦った際は互角以上に渡り合ったが、山田にあっさり倒された。

皇一族[編集]

  • 皇朱門(すめらぎ しゅもん)
閃と友の祖父。閃を帝から守るため、閃を連れて家を出る。破傀拳は過激な動作ほど体への負担は大きく、特に大技は寿命を縮める原因になるにも関わらず帝がそれを教え続けたためである。閃がそれを知っている上で破傀拳を学んでいるということ知ってからは修行に付き合った。
  • 皇崇(すめらぎ たかし)
友の父で、帝の弟。昔朱門に後継者として選ばれなかったことがコンプレックスとなっている。
  • 皇帝(すめらぎ みかど)
閃の父。物語の最後、己の最強のみを追求する残忍な男ということが明らかになる。

[編集]