UNICOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UNICOS とはクレイスーパーコンピュータ向けに開発されたUNIX系のオペレーティングシステムの名称である。

概要[編集]

UNICOS は COS(Cray Operating System)の後継である。ネットワーククラスタリング機能があり、他のUNIXとのソースコード互換層がある。1985年、Cray-2 向けに最初に登場し、その後ほかの機種にも移植されていった。最初のバージョンは SVR2 ベースで、そこにBSDの機能をいくつも導入している(ネットワーク、ファイルシステムなど)。

当初は CX-OS という名称であった。これは、1984年に Cray X-MP 上でプロトタイプとして開発されたものである。スーパーコンピュータでのUNIXの有効性を検証する目的で開発され、後に Cray-2 に移植され製品化された。

オペレーティングシステムの切り替えは、クレイリサーチ社内ではソフトウェアの大きな変革であり、例えば最重要製品であるFORTRANコンパイラは高級言語(Pascal)で書き直され、最新の最適化やベクトル化が行えるようになった。

既存のCOSを使っている顧客が容易にUNICOSに移行できるよう、COSにゲストOS機能が導入された。ゲストOSとしてサポートされたのはUNICOSだけである。COSのバッチジョブ経由でUNICOSを起動し、COSのサブシステムとして動作させ、CPUやメモリや周辺機器がUNICOSに割り当てられる形式であった。UNICOS自体はCOS上で動作するものもスタンドアロンで動作するものも同じであり、単にカーネルが一部のハードウェアへのアクセスをCOS経由のフックを通して行っていた。

UNICOSの最初期のバージョンを使っていたサイトとしてベル研究所がある。デニス・リッチーVersion 8 Unixの一部(STREAMSなど)をUNICOSに移植している。また、UNICOS にもゲストOS機能があったため、UNICOS上でUNICOSをゲストOSとして起動する実験なども行っている。

バリエーション[編集]

クレイがUNICOSの名を冠してリリースしたOSには以下のようなバリエーションがある。

UNICOS
オリジナルのクレイ版UNIX(System V ベース)。Cray-1Cray-2Cray X-MPCray Y-MPCray C90 などで使われた。
UNICOS MAX
Machベースのマイクロカーネルであり、Cray T3DのPE(processing element)で使われた。全体の制御はY-MPまたはC90上のUNICOSが行う。
UNICOS/mk
Chorusマイクロカーネルを使ってUNICOSをサーバ化した分散オペレーティングシステム。Cray T3Eで使用された。UNICOSのオリジナルのソースを使ったOSはこれが最後であり、以下の製品は単にUNICOSという名前を継承しているだけである。
UNICOS/mp
IRIX 6.5 ベース。Cray X1 で使用。
UNICOS/lc
Cray XT3Cray XT4Cray XT5 で使用。UNICOS/lc 1.x は Catamount マイクロカーネル(ASCI Red で使われた Cougar ベース)をPE上で動作させ、SuSE LinuxをSE(Service element)で動作させている。最新の UNICOS/lc 2.0 では Catamount の代わりにカスタマイズしたLinuxカーネル(Compute Node Linux)を使っている。

外部リンク[編集]