Template:Notice

ナビゲーションに移動 検索に移動
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

汎用のお知らせテンプレートです。

Subst: は非推奨。

注意事項[編集]

記事の編集についての注意事項の記述(このページを編集する際には……)など、その記事がウィキペディアの一部であるという前提に依拠した使用はしないでください。詳しくはWikipedia:ウィキペディアへの自己言及をご覧ください。編集時の注意をしたい場合は、コメントアウト<!-- -->で記事のソース内に注意書きを置いてみてください。

このテンプレートを用いて、記事の編集と関係ないお知らせを提示することは推奨されていません。そのような記述は、ノートもしくは記事に直接記述して下さい。Wikipedia:記事に免責事項を載せないも参考。

使い方[編集]

任意の場所に、以下のように入力します。

{{Notice|表示したい文字列}}

このように、簡単にお知らせテンプレートを設置することができます。Template:Mboxを使用しているため、このテンプレートを記事で呼び出せばTemplate:Amboxと同様の表示が得られます。

複数のパラメータを設定して使うこともできます。

{{Notice|表示したい文字列|タイトル(題)|style=スタイル}}
{{Notice|表示したい文字列|style=スタイル}}
{{Notice|text=表示したい文字列|title=タイトル(題)|style=スタイル}}
{{Notice|text=表示したい文字列|header=ヘッダータイトル(題)|style=スタイル}}

スタイル[編集]

「スタイル」の部分には、announce, attention, fix, help, idea, important, propose, question, search, stop, warningの値を設定することができます

announce
attention
fix
help
idea
important
propose
question
search
stop
warning

小型化[編集]

小型化には|small=もしくは|section=が使えます。これらの引数の挙動はテンプレートを貼り付けたページが属する名前空間によって異なります。

標準名前空間の場合[編集]

記事の節で使いたい場合は、|section=に空でない値を指定するか、|small=leftとしてください(|small=right|small=yesのような指定は無効です)。|section=を使用した場合は幅一杯に表示されます。

{{Notice|表示したい文字列|section=1}}
{{Notice|表示したい文字列|small=left}}

ファイル名前空間もしくはCategory名前空間の場合[編集]

ファイル名前空間およびCategory名前空間で使用した場合は小型化ができません

その他の名前空間の場合[編集]

|small=yesとしてください(|small=leftのような指定は無効です)。|section=は使えません。

{{Notice|表示したい文字列|small=yes}}

引数[編集]

引数の一覧
引数 指定内容 既定値 説明
text 1 任意の文字列 なし 表示する文章
title 2 任意の文字列 なし 強調して表示する題
style 3 announce, attention, fix, help, idea, important, propose, question, search, stop, warning なし 指定がなければnoticeスタイル
header 任意の文字列 なし ヘッダーにセンタリングした状態で強調して表示する題
section 任意の文字列 なし 入力されていれば記事において節用のスタイルで表示
small left / yes / no なし 記事においてはleftを、それ以外の名前空間ではsmallを指定すれば小型化表示(ファイルとCategory名前空間では無効)

関連テンプレート[編集]

関連項目[編集]