Template:要説明範囲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

[要説明]

テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

使用法[編集]

文章例
この自動車は、製造開始から長年にわたって作られている。
使用例
この自動車は、{{要説明範囲|製造開始から長年にわたって|date=2018年7月}}作られている。
この自動車は、{{要説明範囲|date=2018年7月|製造開始から長年にわたって}}作られている。
表示結果
この自動車は、[要説明]作られている。

※注意

指定範囲内に「=」(半角イコール)が含まれている場合はそのままでは記述が表示されません。このような場合は指定範囲の先頭に「1=」を付加してください。

文章例
将棋の駒には王将と玉将とがあるが、この意味は同じく王将=玉将である。
使用例
将棋の駒には王将と玉将とがあるが、{{要説明範囲|1=この意味は同じく王将=玉将である|date=2018年7月}}。
表示結果
将棋の駒には王将と玉将とがあるが、[要説明]

引数[編集]

引数の一覧
引数 指定内容 既定値 説明
1 既存の文章 (なし) より詳細な説明を求める範囲です。
date 貼付年月 (なし) 「2018年7月」という形式で入力して下さい。Category:説明が求められている文章がある記事/2018年7月 に区分されます。
title チップテキスト この記述には記事の閲覧者がわかりやすいようにより詳細な説明が求められています。 「要説明」の文字にマウスカーソルを合わせたときに表示するチップテキスト

カテゴリ[編集]

このタグが貼られた記事はCategory:説明が求められている文章がある記事にカテゴライズされます。また、date引数が付けられた場合、区分先は上記カテゴリのサブカテゴリになります。

解説[編集]

このテンプレートは{{要説明}}ではどの範囲の記述についてより詳細な説明を求めているのかの範囲を特定しにくい場合に、下線表示によって範囲を明示するために用います。

TemplateData[編集]

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

要説明範囲

このテンプレートは記事の内容についてより詳細な説明を求めるとき、記事中のどの部分についてより詳細な説明をを求めているのかを範囲を示して特定するために用います。

テンプレート引数

引数説明状態
既存の文章1

より詳細な説明を求める範囲です。

既定
自動入力値
內容必須
貼付年月date

「2015年10月」という形式で入力して下さい。Category:説明が求められている文章がある記事/2015年10月 に区分されます。

既定
自動入力値
文字列必須
チップテキストtitle

「要説明」の文字にマウスカーソルを合わせたときに表示するチップテキスト

既定
自動入力値
文字列省略可能