Template:節スタブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
解説アイコン テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

記事内において、さらなる加筆が必要な節の最上部[1]に加えてください。

使用例[編集]

以下のように使うことができます。:

{{節スタブ}}

日付を追加することができます。:

{{節スタブ|date=2016年7月}}
{{節スタブ|{{subst:DATE}}}}

加筆してほしい部分を書くことができます。:

{{節スタブ|1=例と出典|date=2016年7月}}

複数ある場合は箇条書きにもできます。:

{{節スタブ|1=<nowiki />
* 1952年から1960年の活動
* 1972年の引退以降
|{{subst:DATE}}}}

(<nowiki />がないとうまく表示されません。)指定内容が3つ以上あるなど、長くなる場合は該当記事のノートなどを使ったほうが良いでしょう。

カテゴリ[編集]

このテンプレートを使用した場合はCategory:書きかけの節のある項目(隠しカテゴリ)に自動的に分類されます。

リダイレクト[編集]

特殊な節に専用のテンプレート[編集]

参考文献の不足
  • {{出典の明記}} 参考文献自体がないか、ほとんどない。
  • {{No footnotes}}、{{脚注の不足}} 参考文献はあるが脚注で1つも結び付けられていない。後者はそれが不十分。
ほか

TemplateData[編集]

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

節スタブ

記事内において、内容の加筆が望まれる節の冒頭にこのテンプレートを挿入することで、記事にメッセージを表示して他の閲覧者に加筆を呼びかけることができます。

テンプレート引数

引数 説明 状態
貼付年月 date

テンプレートを付記する時点の年月

既定
2010年1月
自動入力値
~~~~~
推奨
希望内容 1

特に加筆を希望する内容

既定
例と出典
自動入力値
文字列 省略可能

脚注[編集]

  1. ^ 以前のテンプレートは節の最後部に加えるものだったために節の最後部に貼り付けられているテンプレートが数多く存在します。