TOP 09

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TOP 09
Tradice Odpovědnost Prosperita 09
党首 ミロスラフ・カロウセク
創立 2009年6月11日 (2009-06-11)
本部所在地 Michnův palác, Újezd 450/40, 118 00 プラハ 1 – マラー・ストラナ
政治的思想 財政保守主義
自由保守主義
親欧州主義
政治的立場 中道右派[1]
欧州連携 欧州人民党
公式カラー 青と赤
代議院
7 / 200
元老院
1 / 81
欧州議会
4 / 21
地域評議会
19 / 675
公式サイト
http://www.top09.cz/
チェコ共和国の政治
チェコ共和国の政党一覧
チェコ共和国の選挙

TOP09チェコ語: Tradice Odpovědnost Prosperita 09、日本語: 伝統・責任・繁栄 09)は、チェコ共和国政党財政保守主義英語版親欧州主義英語版ならびに自由保守主義を理念とし、欧州連合自由市場を支持している[2]党首ミロスラフ・カロウセク。2016年12月現在、下院で20議席を有する。

略歴[編集]

2009年6月11日に、自由市場賛否を巡りキリスト教民主同盟=チェコスロバキア人民党を離党したミロスラフ・カロウセクによって結成された[3]。初代党首には、2009年5月まで外務大臣を務めたカレル・シュヴァルツェンベルクが就任した[4]2010年チェコ議会下院選挙では16.70パーセントの票を獲得し[5]右派政党として市民民主党に次ぐ2位につけた[6]。選挙後は市民民主党および公共と連立内閣を発足させ、外務大臣のシュヴァルツェンベルク、財務大臣のカロウセク、労働社会大臣のリュドミラ・ミュルレロヴァー、厚生労働大臣のレオシュ・ヘゲル、文化大臣のアレナ・ハナーコヴァーの計5人の閣僚を送り込んだ。 2010年9月には欧州人民党への参加表明し、シュヴァルツェンベルクが9月15日および12月16日に開かれた2つの欧州人民党サミットに参加した[7][8]。2011年2月10日に、欧州人民党に正式に参加を認めた[9]。2012年2月には、欧州議会議員のヤン・ブジェジナキリスト教民主同盟=チェコスロバキア人民党から合流した[10]

2013年10月25日から26日の下院議員選挙では得票率12%で26議席を得るにとどまり、野党に下った。しかし、2014年5月24日から25日の欧州議会議員選挙では得票率で2位につけ、4名が当選を果たした。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]