TN 81 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TN81
タイプ 核弾頭
開発国 フランスの旗 フランス
配備先 フランス空軍
フランス海軍
開発・生産
生産期間 1987年-
配備期間 1988年-現役
生産数 60発
要目
核出力 100-300kt
弾頭 熱核弾頭
重量 200kg
テンプレートを表示

TN 81フランスが開発した核弾頭ASMP空対地ミサイル用の弾頭であり、フランスにおける核戦力の一翼を担っている。ASMP用の核弾頭としてはTN 80に続くものである。

熱核弾頭であり、核出力は100-300kt。起爆装置には低感度爆薬を用い、安全性を高めている。60発が生産されている。なお、ASMPを運用できる機体はフランス空軍ミラージュIV爆撃機(1996年核兵器運用中止)、ミラージュ2000N戦闘攻撃機およびフランス海軍航空隊のシュペルエタンダール攻撃機である。後に、ラファールによる運用も可能とされた。


外部リンク[編集]