TNA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Anthem Wrestling Exhibitions, LLC[1]
種類 LLC
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州ナッシュビル[2]
設立 2002年5月10日[3]
業種 サービス業
事業内容 プロレス興行
関連企画の運営
関連商品の販売
代表者 代表取締役社長 Ed Nordholm
主要株主 Anthem Sports & Entertainment(85%)[4]
Aroluxe Marketing(10%)[4]
ディクシー・カーター(5%)[4]
外部リンク インパクト・レスリング公式サイト(英語)
テンプレートを表示

インパクト・レスリングImpact Wrestling)は、アメリカ合衆国プロレス団体

概要[編集]

2002年ジェリー・ジャレットジェフ・ジャレットの親子によって創設。6月19日に旗揚げ戦を行ったが資金難のため早々に経営危機に直面して、ジェリー・ジャレットはテキサス州のエネルギー関連企業パンダ・エナジー社に持株を売却して融資を仰ぎ、同社CEOのカーター・ファミリーにオーナーシップを譲渡[5]

かつてはNWAに属して、NWA-TNAと呼ばれていた。また2007年5月までNWAの主要タイトル(NWA世界ヘビー級王座NWA世界タッグ王座)を管理していた。6角形のリングを導入するなど斬新な試みを行うのが特徴。

多くのインディー団体が収入不足により倒産していくなかで経費の最小化で収入を確保する戦略を取っている。それは興行の開催場所の固定と安定した放映収入、そして選手の契約形態に反映されている。ほとんどの選手は専属契約という形ではないため他団体へ出場する選手も多い。またほぼ契約選手のみで興行を行うWWEとは対照的に、日本メキシコなど海外の他団体との交流も積極的に行っている。

興行形態は初期は週1回のPPVのみであったが人気の拡大とともに週一番組『TNA iMPACT!』、『Xplosion』、月1回の3時間PPVとなっている。開催場所は設立初期はナッシュビルのTNAアサイラムに固定していた。現在はフロリダ州オーランドユニバーサル・スタジオ・フロリダにて全番組の収録を行っている。また団体として各地を転戦するようなことはしなかったが、人気の拡大とともに2006年3月17日には初のハウス・ショーデトロイトで開催。

2005年10月からは、9月まで『RAW』を放送していたSpike TVが『TNA iMPACT!』の放送を開始して、TV放送の面でもWWEを追撃。日本での放送も、2006年1月よりFIGHTING TV サムライにて開始された。また9月25日にはその1か月前にWWEを退団したばかりのカート・アングルとの契約を発表。この移籍劇は電撃的であり契約締結を事前に知っていたのはTNA中枢のごくわずかの人物だけだったとされる(他のTNAスタッフは発表当日=『TNA iMPACT!』収録の15分前にようやく知らされた)。

日本人選手ではNOSAWAが参戦していたほか大森隆男鈴木健想もスポット参戦している。2005年10月に獣神サンダー・ライガーが参戦。2006年1月には棚橋弘至2007年にはタイガーマスクも参戦。2008年には雷陣明がトライアウトに合格して、所属選手としてKIYOSHIのリングネームで活動している。女子選手では浜田文子が所属選手として活動していた。

2009年10月27日ニューヨークでの会見で、ハルク・ホーガンエリック・ビショフと契約を結んだことを発表。さらに、毎週木曜日に放映していたが、2010年1月4日の月曜日に3時間生放送スペシャルを決行。その日はWWEの放送時間と重なっていたため、一夜限りのマンデー・ナイト・ウォーズが復活。また、その放送にはホーガン、ビショフ、リック・フレアースコット・ホールXパック、さらにはWWEから離脱していたジェフ・ハーディーも登場。

2011年5月20日より『TNA iMPACT!』の番組名称を『Impact Wrestling』と変更。12月からはアジア圏内でのマーケット拡大のため、インドにてRing Ka Kingという団体を発足。

2013年1月、日本での放送は日テレG+で開始されることが日テレG+公式ツイッターで明らかとなり、1月19日より放送開始。PPVも通常放送で放送されている。

7月30日、日本のプロレス団体「WRESTLE-1」と業務提携を結び[6][7]、11月16日のWRESTLE-1後楽園ホール大会にてTNA世界ヘビー級王座戦が行われた。その後WRESTLE-1とは交流がなくなったが2017年2月にはプロレスリング・ノアと業務提携を発表

2017年2月、団体の名称をTNAからインパクト・レスリングに変更[8][9]。4月20日、ジェフ・ジャレットが主宰していた団体であるGFWと合併を発表[10]

現状[編集]

WWEに次ぐ業界第2位のプロレス団体であり6角形リング、Xディヴィジョン、月1回に当日まで対戦を明かさない、若しくはスーパースターが当日対戦相手を指名する日を設ける等、新機軸を打ち出しているがTNAにしかない強みを見出すまでには達しておらず、6角形のリング、Xディビジョンはハルク・ホーガンが純粋に試合内容で勝負しようと契約時に一時的に封印(契約終了後両方とも復活)したがXディヴィジョンは当時の人気を取り戻す所にまでは至っていない。所属選手もスーパースターとノックアウトが元WWE所属選手で経験者がTNAで少なからず活躍しており解雇組の受け皿となっている感も否めない。日本WRESTLE-1と業務提携を結んだが2014年に立役者であるジャレット親子が離脱して現在は業務提携を解消している。

主なPPV[編集]

TNA年間最大のPPVWWEWrestleManiaに該当する大規模な大会。

One Night Only PPV[編集]

Xディヴィジョン専門PPV
12組のタッグチームが優勝賞金10万ドルを争うワンデイトーナメント。
ECWリユニオンショー。
ノックアウト専門PPV。
Xディヴィジョン専門PPV。世界各国の代表レスラーがシングル、タッグチーム、8人タッグの3部門の頂点を争う。

過去に開催したPPV[編集]

インパクト・レスリングの王座[編集]

当初はヘビー級王座とタッグ王座はTNA独自には創立せず前述のように歴史と知名度があるNWAの王座を最高位に据えていた。これによりNWAの知名度を利用してTNAの知名度を一気に向上させていった。TNA独自の王座としてXディヴィジョン王座(現:TNA Xディヴィジョン王座)を創立。クルーザー級の王座と見られがちだがヘビー級のサモア・ジョーなども戦線に参入しており厳密な体重規定というものはない。そのスタイルはプロレスの近未来形と言われて世界中から注目を集めておりTNAのメジャー化の切り札と言われている。2007年5月13日、正式にTNAからNWA王座の剥奪が決定。以降はTNA独自の王座に切り替わることになった。

剥奪王座

タイトル[編集]

過去に存在した王座

所属選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Sapp, Sean Ross (42017-01-04). “Dixie Carter Resigns As TNA Chairman, Anthem Forms New Company For TNA” (英語). Fightful. http://www.fightful.com/dixie-carter-resigns-tna-chairman-anthem-forms-new-company-tna 2017年4月4日閲覧。 
  2. ^ Privacy Policy — Impact Wrestling” (英語). 2017年3月15日閲覧。
  3. ^ TNA Entertainment LLC Business Review in Nashville, TN” (英語). bbb.org (2011年). 2011年10月30日閲覧。
  4. ^ a b c Clark, Ryan. “More On The Ongoing Billy Corgan vs. TNA Wrestling Lawsuit” (英語). eWrestlingNews.com (2016-11-28). http://www.ewrestlingnews.com/news/more-on-the-ongoing-billy-corgan-vs-tna-wrestling-lawsuit 2016年12月4日閲覧。 
  5. ^ Promoting legend and former TNA owner Jerry Jarrett”. ProWrestling.net: August 4, 2008. 2011年4月6日閲覧。
  6. ^ Japanese legend The Great Muta meets with Jeff Jarrett and TNA Officials in Nashville” (英語). Total Nonstop Action Wrestling (2013年7月30日). 2013年7月30日閲覧。
  7. ^ Johnson, Mike (2013年7月30日). “More on TNA meeting” (英語). Pro Wrestling Insider. 2013年7月30日閲覧。
  8. ^ Anthem is working on phasing the TNA out of Impact Wrestling”. CageSideSeats.com. 2017年2月28日閲覧。
  9. ^ 【TNA、現インパクトレスリングとの業務提携を発表!】2月7日内田雅之会長の記者会見の模様”. NOAH (2017年2月7日). 2017年2月7日閲覧。
  10. ^ MCMAHON’S IMPACT REPORT 4/20: Lashley vs. Storm for the Impact Title, ODB vs. Rosemary, X-Division six-man title match”. PWTorch.com. 2017年4月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]