Society for Simulation in Healthcare

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Society for Simulation in Healthcare は、健康福祉(医療)領域におけるシミュレーション(研修)を扱う米国の学会。頭文字よりSSHと略される。


概要[編集]

臨床シミュレーションシミュレーション医学を用いた健康福祉領域の教育、実践、研究を主題とした国際学会。学会としては2005年に設立されたが、前身として1995年より開催されていた国際研究会である International Meeting for Simulation in Healthcare:IMSHがある。SSHとしては2006年より公式にIMSHを開催している。このため、学会の通算回数としては、2011年に開催されるIMSH2010は第11回のIMSH総会である。

事業[編集]

  • シミュレーションを用いた健康福祉領域の教育、実践、研究を集約し情報交換を行うことで医療事故を減らし医療安全を向上させる。
  • 機関誌として Simulation in Healthcare を2006年から刊行している。

学術集会の開催[編集]

毎年1月を会期として、学術集会を開催している。学術集会は、2006年の第6回以降、年次学術集会として開催されている。参加者が年々増加しており開催地は、米国内の大規模なコンベンションセンターで開催されている。 2006年1月に第6回がサンディエゴカリフォルニア州)、2007年1月に第7回がディズニーワールドフロリダ州)、2008年には第8回がサンディエゴカリフォルニア州)、2009年1月に第9回がディズニーワールドフロリダ州)、2010年1月には第10回がフェニックスアリゾナ州)、2011年1月には第11回がニューオーリンズルイジアナ州)、2012年1月には第12回がサンディエゴカリフォルニア州)、2014年1月には第14回がサンフランシスコカリフォルニア州)、2015年1月には第15回がニューオリンズルイジアナ州)2016年1月には第16回がサンディエゴカリフォルニア州)で開催作荒れた。ここで今後4回のスケジュールが公開され、2017年1月には第17回がオーランドフロリダ州)、2018年1月には第18回がロサンゼルスカリフォルニア州)、2019年1月には第19回がサン・アントニオテキサス州)、2020年1月には第20回がサンディエゴカリフォルニア州)で開催予定である。

関連項目[編集]

  • SESAM ヨーロッパの健康福祉領域のシミュレーションを扱う学会


外部リンク[編集]