Security Assertion Markup Language

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Security Assertion Markup Language(セキュリティ アサーション マークアップ ランゲージ、略称SAML)は、インターネット上でIDパスワードなどを交換するためのXML仕様。OASISで策定された。

通常、認証が必要となりシングルサインオンを行う場合、その認証が有効なのはシングルサインオンをしたサイトのみである。 これはサイトに移動する毎に認証のための情報を入力する必要があり管理に手間がかかる方法であるといえる。SAML ではこの認証情報を交換する事により、別サイトに移動するときその移動先でも認証を有効にすることで、一度の認証情報の入力のみで複数のサイトで認証される技術である。通信プロトコルにはHTTPSOAPが使用される。

同様の技術として Securant Technologies社が発表したAuthXMLとNetegrity社 が発表したS2MLという規格があり、SAML はこの二つの規格を統合したものである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]