S (ラジオ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

S(エス)は、2002年4月から2004年3月までMBSラジオで放送された深夜番組である。

なお放送開始・終了日などはあくまで暦日で表記しているため、注意のこと。

概要[編集]

そもそも「+M」、「B」と合わせて、MBSラジオの深夜ワイド番組を確立しようということで始まった3部作の締めくくりとして、最初の半年間は毎週火曜 - 金曜日(月 - 木曜深夜)2時00分 - 4時50分に放送されたが、その後平日版「B」が消滅したため、0時00分 - 4時00分の4時間ワイドに拡大。しかし、2003年10月から「MBSサウンドパークス」がスタートしたのに伴って、番組は0時00分 - 3時00分の3時間に縮小された。

各曜日に個性的なパーソナリティーを起用し、それぞれの特徴を最大限に生かした音楽とトークを展開してきた。また諸口あきら、川村龍一などといった過去に午前・昼間の番組を持っていたパーソナリティーが起用され、過去の「ヤンタンの再現」とまで話題となった。しかし人気が長続きせず2004年3月に終了。2004年4月から「MBS夜な夜な倶楽部」に受け継がれた。

放送時間の変遷[編集]

期間 放送時間(日本時間
2002.04 2002.09 火曜 - 金曜(月 - 木深夜) 2:00 - 4:50(170分)
2002.10 2003.09 火曜 - 金曜(月 - 木深夜) 0:00 - 4:00(240分)
2003.10 2004.03 火曜 - 金曜(月 - 木深夜) 0:00 - 3:00(180分)

各曜日のパーソナリティーと内容[編集]

  • 火曜日(月曜深夜)諸口あきら - 「週刊諸口あきら」(「MBS夜な夜な倶楽部」でも継続された。その項参照)
  • 水曜日(火曜深夜)
    • 中嶋慶子 - 「ミュージックドライブ」と題して古今東西の音楽を流した。最初の半年のみ。
    • 川村龍一 - 「リヴァー・オブ・ドリームズ」と題した洋楽(1960~80年代)を専門とした番組を担当した。
  • 木曜日(水曜深夜)後藤彰宏(旧名・後藤晃宏) - 「マスターピース・ラジオ」と題し、海外のロック音楽を中心に選曲した。
  • 金曜日(木曜深夜)増田俊郎 - 「リラックス・デラックス」1週間の締めくくりにふさわしい静か目のトークと、フォークソング、カレッジソングなどの懐メロで構成した。
MBSラジオ 火曜日~金曜日02:00~04:50(2002.4.1~2002.10.4)
前番組 番組名 次番組
S (ラジオ番組)
S
(0:00 - 4:00)
早起きラジオMBS
(4:00 - 6:00)
MBSラジオ 火曜日~金曜日00:00~04:00(2002.10.7~2003.3)
B
(0:00 - 02:00)
S
(03:00 - 04:50)
S
S
(0:00 - 3:00)
MBSサウンドパークス
(03:00 - 04:00)
MBSラジオ 火曜日~金曜日0:00~3:00(2003.4~2004.3)
S
(0:00 - 4:00)
S