S.XII (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランスの旗 SPAD S.XII

SPAD S.XII(SPAD XIIS.XIISPAD 12などとも)は、フランススパッド社が開発した戦闘機である。第一次世界大戦中盤に高速戦闘機として大きな成功を収めたS.VIIの派生型である。

概要[編集]

S.XIIは、スパッド社の開発した最初の本格的な成功した軍用機であったS.VIIの最後の戦闘機型の派生型機であった。機体には、通常のヴィッカース機銃に加えて、37 mmの大口径機関砲モーターカノン方式で装備されていた。大方の機体は220 馬力イスパノ・スイザ 8Cbエンジンを搭載していたが、一部の機体は若干非力なイスパノ・スイザ 8Becを搭載していた。

S.XIIの試作機は、1917年7月5日に初飛行に成功した。その後、300 機が製造された。少数がイギリス海軍に納入されたが、これらの機体はフロートを履いた水上戦闘機型であった。

S.VIIの開発作業は戦後も継続され、最終的な発展型は1923年に初飛行した練習機SPAD 62SPAD 72となった。S.VIIシリーズの運用は、本国フランスでは1923年まで続けられた。

スペック[編集]

  • 初飛行:1917年
  • 翼幅:8.00 m
  • 全長:6.40 m
  • 全高:2.55 m
  • 翼面積:20.20 m2
  • 空虚重量:587 kg
  • 通常離陸重量:883 kg
  • 発動機:イスパノ・スイザ HS.8Cb 水冷90°V型8気筒エンジン ×1
  • 出力:220 馬力
  • 最高速度:203 km/h
  • 巡航速度:185 km/h
  • 飛行継続時間:1時間45分
  • 飛行上限高度:6350 m
  • 乗員:1 名
  • 武装:37 mm機関砲 ×1 (モーターカノン 弾数12発)、ヴィッカース製 7.7 mm機関銃|機銃 ×1

運用国[編集]

外部リンク[編集]