Registered jack

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左から順に
RJ-45プラグ
6ピンプラグ
4ピンプラグ(6ピンと同型)
受話器の4ピンプラグ
6ピンジャック

Registered jack (RJ) は通信コネクタの規格の一つ。米連邦通信委員会 (FCC: US Federal Communications Commission) に登録されたものを言い、RJ-11・RJ-14・RJ-25・RJ-48・RJ-61・RJ-45などがある。

物理的互換性[編集]

Registered jackには、同一の規格であってもピン数の異なるものが存在する。たとえば電話のモジュラージャックとして知られるRJ-11規格の2ピンプラグは6ピンあるRJ-11規格のうち、中央の2本にのみピンを実装し、外側の4本のピンを実装していないもので、俗に「6極2芯」、同様に中央の4本のピンを実装し外側2本のピンを実装しない「6極4芯」がある。また、これらと区別するため、すべてのピンを実装したものを「6極6芯」や「フル結線」などと呼ぶ場合もある。

規格設計上は、同一規格のプラグであれば2ピンプラグは4ピン・6ピンのジャックにも物理的に差し込むことができ、コネクタの中央寄りの2線のみが電気的に接続される。同様に、4ピンプラグは2ピンや6ピンのジャックに差し込め、2ピンのジャックに差し込んだ場合は中央寄りの2線のみ、6ピンのジャックに差し込んだ場合は中央寄り4線のみが接続される。 ただし、一部メーカーではこの仕様に合わない製品もあり、物理的互換性は信号上の互換性を保証しない。

RJ-11の6ピンプラグをRJ-45のジャックに差し込むなど、規格が異なる場合は接続できない。無理に差し込むとプラグがジャックから外せなくなったり、ジャック側の接点を破損する。

よく使われる規格[編集]

テレフォンスイッチ、複数台の電話機を接続する為に用いる。

RJ-11[編集]

いわゆる2線式の電話線によく用いられる、6ピンコネクタ。4線式の電話線に用いられるものは規格が異なり、RJ-12・RJ-14がある(コネクタは物理的には同一だが、3規格間の信号上の互換性は保証されない)。モジュラジャックとも呼ばれる。なお、一般に市販されているモジュラジャック付きのモジュラケーブルは4線式のものが殆どだが、2線式のRJ-11の上位互換のものであるためそのまま利用できる。POSレジのキャッシュドロワー、カスタマーディスプレイの伝送路として用いられる事もある。

RJ-45[編集]

8線式のツイストペアケーブル(イーサネット用)によく用いられる。

ケーブル[編集]

ツイストペアケーブルの項を参照。

外部リンク[編集]