RKB・KBC和白ラジオ放送所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

RKB・KBC和白ラジオ放送所(アールケービー・ケービーシーわじろラジオほうそうじょ)は、福岡県福岡市東区RKB毎日放送(RKB)九州朝日放送(KBC)がそれぞれ個別に設けている、福岡県を放送エリアとする民放のAMラジオ放送局の主幹送信所の総称であり、正式名称ではない。

それぞれの正式名称は、RKB「福岡ラジオ放送所」、KBC「奈多ラジオ送信所」となっている。

概要[編集]

和白干潟に聳えるRKBのラジオ塔

福岡市周辺をカバーするAM主幹送信所。海に面しており、特にRKBラジオは接地抵抗の低い海面上に送信所が置かれている[独自研究?]

沿革[編集]

RKB開局当初は、糟屋郡大川村(現粕屋町長者原)に送信所を置いていたが、1972年に現住所に移転し、同時に出力を50kWに増力した。なおビコムより発売されているDVDソフト「西鉄プロファイル」では「貝塚線」項においてRKBラジオの主幹送信所が沿線撮影画像の背景に映っている。

放送局一覧[編集]

放送局名 コールサイン 周波数 空中線電力 放送対象地域 放送区域内世帯数
RKBラジオ福岡局 JOFR 1278kHz 50kW※ 福岡県 -
KBCラジオ福岡局 JOIF 1413kHz -

※減力放送時の空中線電力はRKBが1kW、KBCが100Wとなっている。

  • 所在地(RKB):福岡県福岡市東区塩浜2丁目1573-2
  • 所在地(KBC):福岡県福岡市東区奈多中裏附1243

備考[編集]

朝日新聞西部本社発行版の第2テレビ・ラジオ欄の周波数案内では、両局の親局の周波数が、北九州に差し替えられている(KBC=720kHz、RKB=1197kHz)。これは、全国紙(朝日・毎日読売)の西部本社が北九州(読売はのちに福岡に移転)にあるためと考えられる。※産経は、(RKB=1062kHz大牟田と、KBC=720kHz北九州に差し替えられている)。

AMステレオ放送はかつて両局とも当局のみ、KBCは1992年平成4年)4月1日から2007年平成19年)3月31日まで、RKBは1992年平成4年)4月1日から2010年平成22年)5月30日まで実施していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]