Psilocybe moelleri

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Psilocybe moelleri
分類
: 担子菌門 Basidiomycota
: ハラタケ亜綱 Agaricomycetidae
: ハラタケ目 Agaricales
: モエギタケ科 Strophariaceae
: シビレタケ属 Psilocybe
: Psilocybe moelleri
学名
Psilocybe moelleri
Guzmán (1978)
シノニム

Stropharia merdaria var. major
Deconica moelleri (Guzmán) Noordel. 2009
Stropharia merdaria

Psilocybe moelleriは、シビレタケ属の菌類の一種。1978年にガストン・グスマンが種を記載した。温帯から亜熱帯を好み、糞生[1]。青変性はない[1]

日本では、沖縄・石垣島の海岸砂浜の牛糞に発生する[1]

最も近縁する種は、カワリコシワツバタケフランス語版[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Psilocybe moelleri(八重山諸島のきのこ)