NeXTstation

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NeXTstation

NeXTstation(ネクストステーション)は、1990年から1993年にかけてNeXTが開発・製造・販売した、ハイエンドワークステーションである。NeXTstationではNEXTSTEPオペレーティングシステムが動作した。NeXTstationは、より手ごろなNeXTcubeとしてリリースされ、価格はおよそ半額のUS $4,995であった。複数のモデル、つまり NeXTstation (25 MHz), NeXTstation Turbo (33 MHz), NeXTstation Color (25 MHz), NeXTstation Turbo Color (33 MHz)が生産された。NeXTは全体で約50,000台を販売したが、ほとんどが破棄され、現在では希少品である。

NeXTStationには、NeXTメガピクセル17インチモニタスピーカ内蔵)、キーボードマウスが付属していた。オリジナルのNeXTコンピュータ("the cube"、立方体)と対比する形状から、"the slab"(厚板)としても知られた。

仕様[編集]

  • キーボード: フルストロークメカニカル、 85キー
  • マウス: 2ボタン光学式
  • CPU: Motorola 68040 25 MHz 又は 33 MHz (Turbo)
  • メモリ: 8 MB (8 MiB) (NeXTstation Colorでは12 MB)、最大32 MB(Turboモデル以外)または128 MB(Turboモデル)
  • ディスプレイ解像度: 1120 × 832
  • 表示色: NeXTstation: 4色(黒、白、2段階の灰色)
  • デジタルシグナルプロセッサ: Motorola 56001 @ 25 MHz (16ビット、 44.1 kHz、 ステレオ。 24 KB〈24 KiB〉の RAM を 576 KB まで拡張可能)
  • スピーカー: モニタに内蔵
  • サイズ/重量: 39.8 (W) x 36.5 (D) x 6.4 (H) cm / 6 kg
  • 入力/出力: SCSI 内蔵コネクタ、 SCSI2 外部ポート、 DSP、 ビデオ出力、 NeXTレーザープリンタ専用ポート、 2つのRS-423シリアルポート、 10Base-T/10Base-2 イーサネット
  • 記憶媒体: 3.5インチ フロッピーディスクドライブ(2.88 MB〈2880 KiB〉)、 105 MBから4 GBまでのハードディスクドライブ(より大きなサイズも使用可能であるが、OSは4GBよりも大きいパーティションを認識しない)
  • オペレーティングシステム: NeXTSTEPおよびOPENSTEPNetBSDは一部のNeXTstationをサポートしている
  • 周辺機器: モデム
  • 価格: NeXTstation US $4,995, NeXTstation Color US $7,995, NeXTstation Turbo US $6,500

外部リンク[編集]