NGC 2060

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NGC 2060
ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したNGC 2060
ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したNGC 2060
星座 かじき座
視等級 (V) 9.59[1]
分類 超新星残骸[1]
発見
発見日 1836年
発見者 ジョン・ハーシェル
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 05h 37m 51.56s[1]
赤緯 (Dec, δ) -69° 10′ 23.7″[1]
距離 17万光年[2]
絶対等級 (MV) -9.0
物理的性質
色指数 (B-V) 0.10[1]
色指数 (V-J) -5.953 ± 0.150[1]
色指数 (V-H) -5.351 ± 0.146[1]
色指数 (J-H) 0.602 ± 0.296[1]
色指数 (H-K) 0.165 ± 0.314[1]
年齢 5000年[3]
別名称
別名称
CAL 67,
CXOU J053751.6-691021,
2E 0538.0-6911,
2E 1499,
1ES 0538-69.1A,
ESO 57-1,
IRAS 05381-6912,
LHA 120-N 157B,
LI-LMC 1448,
LMC RASS 254,
2MASS 05375156-6910237,
MC4 0537-69.2A,
MDM 65,
MRC 0538-691,
30 Dor B,
1RXH J053752.0-691024,
RX J0537.8-6911,
SNR B0538-69.1.
■Project ■Template

NGC 2060とは、大マゼラン雲の中にある超新星残骸である[1][2]。中心部にミリ秒パルサーPSR J0537-6910を持つ[4][3]

概要[編集]

NGC 2060は、1836年ジョン・ハーシェルによって発見された。現在ではかじき座テーブルさん座にまたがる大マゼラン雲のかじき座側にある超新星残骸である。視等級は9.59等級である[1]。すぐ近くにタランチュラ星雲があり、それと比べると視等級は1.6等級も暗い。見かけ上すぐ近くにあることから、タランチュラ星雲の別名かじき座30星雲 (30 Dor Nebula[5]) の伴星という意味のかじき座30B (30 Dor B) という別名もある[1]

PSR J0537-6910[編集]

NGC 2060の中心部には、PSR J0537-6910という中性子星が存在する。NGC 2060はPSR J0537-6910を生ずる元となった超新星爆発で誕生したと考えられる[3]

出典[編集]

[ヘルプ]

座標: 星図 05h 37m 51.56s, −69° 10′ 23.7″