M395精密誘導迫撃砲弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
XM395精密誘導迫撃砲弾のプロトタイプジョージア州フォート・ベニング英語版にて2006年2月撮影[1]

XM395 精密誘導迫撃砲弾(XM395 せいみつゆうどうはくげきほうだん、英語: XM395 Precision Guided Mortar Munition 略:PGMM)は、Alliant Techsystemsが開発している120mm レーザー誘導迫撃砲弾である。

概要[編集]

砲弾自体には可動部分は無く、誘導装置と一体化されたスラスター・モーターによって制御されている。

スペック[編集]

開発計画[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]