Lincity

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Lincity
ジャンル 箱庭ゲーム
対応機種 Linux
人数 1人
テンプレートを表示
オリジナルの LinCity プレイ画面

Lincity(リンシティー)は、都市の建設・運営をゲーム内容とする、GNU General Public Licenseでライセンスされたフリーの箱庭ゲーム。タイトルは、オペレーティングシステムのLinuxと箱庭ゲームのSimCityとの合成語に由来する。

概要[編集]

Lincity は都市シミュレーションゲームであり、SimCity と近い発想のゲームである[1]が、ゲームの操作方法はシムシティとは異なる。プレイヤーは、適切な建造物・サービスインフラストラクチャーに投資することで都市を発展させていく。クリア条件として以下の2通りが用意されており、クリアしたプレイヤーを称えるウェブページが Lincity 内に存在した[1]

  1. 持続可能な開発ができる社会にする。
  2. 人類が宇宙船で地球外に出て行く。

ゲーム中では、人口・雇用・基本的な水道や環境・資材・天然資源・教育や医療、消防・レジャーといった公共サービス・電気エネルギーや財政・交通などがシミュレートされている。

LinCity-NG[編集]

LinCity-NG のプレイ画面

グラフィックやサウンドを向上・発展させた、派生版として LinCity-NG が存在するが、開発者の時間の都合上、開発が滞っている。ゲームはGPL、素材は GPL に加えクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 (CC-BY-SA 3.0) とのデュアルライセンスでそれぞれライセンスされている。

描画にSDLOpenGLを使っており[2]斜め上から見下ろしたような2.5次元として描画されている。

出典[編集]

  1. ^ a b Barr, Joe (2000年7月21日). “Procrastinate with these Linux games”. CNN.com. 2015年1月21日閲覧。
  2. ^ 海上忍 (2007年2月20日). “LinCity-NG 1.1.0リリース - あの"箱庭都市"をオープンソースで再現”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/news/2007/02/20/541.html 2015年12月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]