LOCO DD 日本全国どこでもアイドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LOCO DD
日本全国どこでもアイドル
監督 田中要次
大工原正樹
島田元
脚本 田中要次
大工原正樹
島田元
製作 LOCO DD 製作委員会
出演者 オトメ☆コーポレーション
FantaRhyme
3776(井出ちよの)
公開 日本の旗 2017年9月30日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

LOCO DD 日本全国どこでもアイドル』(ロコ ディーディー にほんぜんこくどこでもアイドル)は、日本オムニバス映画2017年9月30日に公開された[1][2]田中要次監督、オトメ☆コーポレーション主演『Last DAYS~君といた場所~』、大工原正樹監督、FantaRhyme主演『ファンタスティック ライムズ!』、島田元監督、3776(井出ちよの)主演『富士消失』の3篇から成る[3]

題名の「LOCO」はロコドル(地方アイドル)、「DD」はドラマ&ドキュメンタリーを指している[4]。各作とも、監督たち自らが撮りたい地方アイドルを選んで作り上げた[5]。ドラマとドキュメンタリーをミックスしている点が本作の特徴である[5]。2015年の暮れに島田元が企画して他の2監督に声をかけ、2017年の春に完成した[6]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

『Last DAYS~君といた場所~』

『ファンタスティック ライムズ!』

  • Ayu(FantaRhyme
  • Saya(FantaRhyme)
  • 松下仁
  • 青木佳文

『富士消失』

  • 井出ちよの : 3776/ちよの
  • 石田彰 : 3776プロデューサー/蜃気楼牧師
  • 隈本吉成 : お茶の精の声
  • 山田雄三 : 山ザザ売り
  • 大村波彦 : ミラー

スタッフ[編集]

『Last DAYS~君といた場所~』

  • 監督・編集 : 田中要次
  • 撮影 : 大橋次郎、ウォン・オンリン
  • 助監督 : 大園玲子
  • 編集協力 : 加藤麻矢、島田元
  • 整音 : 臼井勝
  • カラーグレーダー : 田巻源太

『ファンタスティック ライムズ!』

  • 監督・脚本 : 大工原正樹
  • 撮影 : 中瀬慧
  • 照明 : 玉川直人
  • 音響 : 川口陽一
  • 編集 : 和泉陽光
  • スチール&メイキング : 渡辺あい
  • 助監督・制作 : 地良田浩之、岩崎僚
  • 音楽 : eichi(FantaRhymeプロデューサー)

『富士消失』

  • 監督・脚本 : 島田元
  • 撮影(ドラマ部分) : 松本岳大
  • 記録・制作 : 島田充子
  • 助監督 : 相良実和子、山田雄三、中根豪、久野聡志、中村悠太
  • メイキング撮影 : 高橋理美、大村波彦
  • ガンプレイ指導 : トルネード吉田

評価[編集]

映画監督の鶴田法男は公式サイトに「彼女たちの魅力を作品に昇華させることに成功した3人の監督たちは、それぞれに映画の神に感謝しただろう。その瞬間を観客も共有できるなんとも贅沢な今までにないアイドル映画だ」とコメントを寄せている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 3人の監督×3組の地方アイドル「LOCO DD」公開、田中要次や3776が参加”. 映画ナタリー (2017年8月27日). 2017年10月12日閲覧。
  2. ^ ロコドル豪華共演の『LOCO DD 日本全国どこでもアイドル』初日舞台あいさつで第2弾製作も宣言?”. fjmovie.com (2017年9月30日). 2017年10月12日閲覧。
  3. ^ 外山真也 (2017年9月26日). “『LOCO DD 日本全国どこでもアイドル』 虚実の境はどこに?”. 47NEWS. 2017年10月12日閲覧。
  4. ^ 田中雄二 (2017年9月30日). “【映画コラム】思わず彼女たちを応援したくなる『LOCO DD 日本全国どこでもアイドル』”. エンタメOVO. 共同通信社. 2017年10月12日閲覧。
  5. ^ a b LOCO DD 日本全国どこでもアイドル”. CINEMATOPICS. 2017年10月12日閲覧。
  6. ^ 3776井出ちよの出演作品『富士消失』上映決定! 監督・島田元が語る見どころ【mitecoまつり2017】”. miteco. みてきてつながる しぞ〜かネット (2017年6月28日). 2017年10月12日閲覧。
  7. ^ TOP”. 映画『LOCO DD 日本全国どこでもアイドル』公式サイト. 2017年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]