L-21 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
L-21
基本情報
運用者 USSR Ensign ソ連海軍
艦種 潜水艦
級名 L型潜水艦
所属 バルト海艦隊
艦歴
起工 1938年6月15日
進水 1940年7月14日
就役 1943年8月31日
退役 1955年12月29日
最期 解体
要目
排水量 水上:1,108トン
水中:1,400トン
全長 85.3m
水線長 7.0m
吃水 4.05m
機関

水上:BM6式ディーゼル機関2基
水中:PG-9式電気モーター2基

2軸推進
出力 水上:2,200hp
水中:1,300hp
速力 水上:18ノット (33 km/h)
水中:9ノット (17 km/h)
航続距離 水上:10 kn (19 km/h)/10,000 nmi (19,000 km)
水中:2.5 kn (4.6 km/h)/150 nmi (280 km)
兵装 100 mm (3.9 in)(L/68)砲1基
45 mm (1.8 in)機関砲1基
533 mm (21 in) 魚雷発射管8門(艦首6、艦尾2)
魚雷18本
機雷20個
テンプレートを表示

L-21第二次世界大戦時のソ連のL型機雷敷設潜水艦の一隻。L型のうち、魚雷発射管数増加などの改良がなされている最後期の第4グループに属する[1][2]。戦争中の艦長はSergey S. Mogilevskiyであった [3]

艦歴[編集]

建造途中の1942年5月24日にL-21はレニングラードでドイツ軍機により沈められたが、後に引き揚げられ完成した。L-21は雷撃および機雷によりドイツ軍艦などを撃沈しており、その中には中立国の客船ハンザ (Hansa) もある。

L-21が沈めた艦船[4]
日付 船名 船籍 トン数
1944年11月23日 アイヒベルク (Eichberg) ドイツ 1,923 GRT 貨物船、機雷による
1944年11月24日 エリー (Elie) ドイツ 1,837 GRT 貨物船、機雷による
1944年11月24日 ハンザ (Hansa) スウェーデン 563 GRT 客船、雷撃による
1944年12月22日 エベルハルト (Eberhard) ドイツ 749 GRT 貨物船、機雷によると推定
1945年3月14日 T-3 ドイツ 839 t (排水量) 水雷艇、機雷による
1945年3月14日 T-5 ドイツ 839 t (排水量) 水雷艇、機雷による
1945年3月16日 U-367 ドイツ 769 t (水上排水量) 潜水艦、機雷による
1945年3月23日 V 2022/E Colzmann ドイツ 581 GRT 哨戒艇、雷撃による
1945年3月24日 エルニ (Erni) ドイツ 105 GRT 曳船、雷撃による
合計: 8,205 GRT

上記の他、L-21敷設の機雷によりドイツ駆逐艦Z43が大破している[4]

脚注[編集]

  1. ^ Л-20 <L-20> submarines (series XIII-1938, 1941-1943) - Soviet Navy (USSR)”. navypedia.org. 2017年11月26日閲覧。
  2. ^ Series XIII-1938" minelaying submarines”. navypedia.org. 2014年8月3日閲覧。
  3. ^ M” (Russian). town.ural.ru. 2014年8月3日閲覧。
  4. ^ a b Allied Warships L-21 Submarine of the L (Leninec) class”. uboat.net/. 2014年8月3日閲覧。