L-ドーパキノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
L-ドーパキノン
識別情報
CAS登録番号 4430-97-1
PubChem 439316
ChEBI CHEBI:16852
特性
化学式 C9H9NO4
モル質量 195.17 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

L-ドーパキノンは、o-ドーパキノンとも呼ばれており、 L-ドーパ の代謝物であり、メラニンの前駆物質である[1][2]

酵素反応[編集]

モノフェノールモノオキシゲナーゼ酸素分子を用いてチロシンドーパのようなフェノール類を酸化する。反応後は目的物とが生成する。

簡略化したチロシンからドーパキノンまでの酸化反応

脚注[編集]

  1. ^ Ito S, Wakamatsu K (2008). "Chemistry of mixed melanogenesis – pivotal roles of dopaquinone". Photochem. Photobiol. 84 (3): 582–92. doi:10.1111/j.1751-1097.2007.00238.x. PMID 18435614. 
  2. ^ Hearing VJ (2011). "Determination of melanin synthetic pathways". J. Invest. Dermatol. 131 (E1): E8–E11. doi:10.1038/skinbio.2011.4. PMID 22094404. 

外部リンク[編集]