KS鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

KS鋼(KSこう、KS steel)は、コバルトタングステンクロム炭素を含む合金磁石鋼(工具鋼)。

1916年、東北帝国大学本多光太郎高木弘によって発明され、それまでの3倍の保磁力を有する世界最強の永久磁石鋼として脚光を浴びる。KSとは、本多らに研究費を給した住友吉左衛門住友グループの前身・住友総本店店主)のイニシャルである。

1931年に東京帝国大学三島徳七がKS鋼の2倍の保磁力を有するMK鋼を開発し、15年間守り続けた世界最強磁石の座を譲り渡した。

1934年に本多らは再び世界最強となる新KS鋼を発明した。また2010年現在、世界最強の保磁力をもつ日立金属NEOMAX(ネオジ鉄ボロン磁石)の開発者も東北大学の出身者であるなど、東北大学との関係が深い。