ISO/IEC JTC 1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ISO/IEC JTC 1とは、国際標準化機構 (ISO) と国際電気標準会議 (IEC) の第一合同技術委員会 (Joint Technical Committee 1) のこと。情報技術 (IT) 分野の標準化を行うための組織である。1987年に設立された。

それ以前には、コンピュータや情報分野を扱う国際標準化組織はISO, IECそれぞれに独立して存在し(ISO/TC 97, IEC/TC 53, IEC/TC 47, IEC/TC 83など)、一種の縄張り争いの様な状況になっていた時期があった。この状況を解消するため、両機関の間で話し合いが持たれ、その結果としてJTC 1が成立した。JTC 1と銘打たれているが、JTC 2は長い間、存在しなかった。2009年、エネルギーの効率化と再利用に関する規格の策定を目指し、ISO/IEC JTC 2が設立された。

ISOやIECと連携してはいるが、基本的にそれらとは独立して運営されている組織であり、組織構成・用語・標準化に関する手続きなどはISOやIECとは微妙に異なる。現在、これらの相違点を擦り合わせして共通化する活動がおこなわれている。

JTC 1総会は毎年10~11月頃に各国持ち回りで開催されている。第一回総会は1987年11月に東京で開催された。2008年時点の幹事国はアメリカである。

参加国一覧[編集]

  • Pメンバー(主要メンバー)32カ国
主要先進国
  • Oメンバー(オブザーバー)44カ国

組織[編集]

分野毎に40個のsubcommittee (SC) に分かれており、現在はそのうち20個のSCが活動中。SCは、さらにworking group (WG), special working group (SWG), study group (SG)に分かれる(WGも活動中の物と活動停止中の物が有り番号には抜けがある)。各SC配下のWGは“ISO/IEC JTC 1/SC 29/WG 11”の様に表記する(空白および"/"記号の入れ方に注意)。SCやWGの国際会議はJTC 1総会と関係なく個別に開催されている。

JTC 1へは、一カ国につき一組織のみの参加が認められている。日本からの参加組織は、日本工業標準調査会 (JISC)。もっとも、JISCは窓口的な役割であり、JISCの委任を受けて実際に規格の審議をおこない国際会議に委員を派遣する審議団体事務局は基本的に情報処理学会情報規格調査会が務める。ただし、SC 17およびSC 28についてはビジネス機械・情報システム産業協会が審議事務局を務める(2009年現在)。

2008年時点での幹事国および代表的な規格も示す。

組織名 作業領域 (英語表記) 活動状態 幹事国 主な規格
SG 1   Smart Cities      
SG 2   Big Data 解散    
SWG 1   Accessibility (SWG-A) 解散    
SWG 2   Directives      
SWG 3   Planning      
SWG 5   Internet of Things (IoT) 解散    
SWG 6   Management      
WG 7 センサネットワーク Sensor Networks      
WG 8   Governance of IT      
WG 9 ビッグデータ Big Data      
WG 10 モノのインターネット Internet of Things (IoT)      
SC 1 用語 Vocabulary 解散   ISO/IEC 2382
SC 2 符号化文字集合 Coded character sets   日本の旗 日本 ISO/IEC 2022
ISO/IEC 8859
ISO/IEC 10646
ISO/IEC 14651
SC 3     解散    
SC 4     解散    
SC 5     解散    
SC 6 通信とシステム間の情報交換 Telecommunications and information exchange between systems   アメリカ合衆国の旗 米国  
SC 7 ソフトウェア技術 Software and systems engineering   カナダの旗 カナダ ISO/IEC 15504
ISO/IEC 20000
SC 8     解散    
SC 9     解散    
SC 10     解散    
SC 11 フレキシブル磁気媒体   解散    
SC 12     解散    
SC 13     解散    
SC 14     解散    
SC 15     解散    
SC 16     解散    
SC 17 カードと個人識別 Cards and personal identification   イギリスの旗 イギリス  
SC 18     解散    
SC 19     解散    
SC 20     解散    
SC 21     解散    
SC 22 プログラム言語、その環境及びシステムソフトウェアインタフェース Programming languages, their environments and system software interfaces   アメリカ合衆国の旗 米国  
SC 23 情報交換用光ディスクカートリッジ Digitally Recorded Media for Information Interchange and Storage   日本の旗 日本  
SC 24 コンピュータグラフィクス及びイメージ処理 Computer graphics, image processing and environmental data representation   イギリスの旗 イギリス ISO/IEC 15948
SC 25 情報機器間の相互接続 Interconnection of information technology equipment   ドイツの旗 ドイツ  
SC 26     解散    
SC 27 セキュリティ技術 IT Security techniques   ドイツの旗 ドイツ ISO/IEC 15408
ISO/IEC 17799
ISO/IEC 27001
ISO/IEC 27002
SC 28 オフィス機器 Office equipment   日本の旗 日本  
SC 29 音声、画像、マルチメディア、ハイパーメディア情報符号化 Coding of audio, picture, multimedia and hypermedia information   日本の旗 日本 ISO/IEC 10918
ISO/IEC 11544
ISO/IEC 11172
ISO/IEC 13818
ISO/IEC 14496
ISO/IEC 15938
ISO/IEC 21000
SC 30     解散    
SC 31 自動認識及びデータ取得技術 Automatic identification and data capture techniques   アメリカ合衆国の旗 米国  
SC 32 データ管理及び交換 Data management and interchange   アメリカ合衆国の旗 米国  
SC 33     解散    
SC 34 文書の記述と処理の言語 Document description and processing languages   日本の旗 日本 ISO/IEC 15445
ISO/IEC 26300
ISO/IEC 29500
SC 35 ユーザインタフェース User interfaces   フランスの旗 フランス  
SC 36 学習、教育、研修のための情報技術 Information technology for learning, education and training   アメリカ合衆国の旗 米国  
SC 37 バイオメトリクス Biometrics   アメリカ合衆国の旗 米国 ISO/IEC 19784
ISO/IEC 19785
SC 38 クラウドコンピューティング Distributed application platforms and services (DAPS)      
SC 39 Sustainability for and by information technology      
SC 40 IT Service Management and IT Governance      

外部リンク[編集]