IMAXコーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
IMAXコーポレーション
IMAX Corporation
種類
公開会社
市場情報 NYSEIMAX
ラッセル2000構成銘柄
業種 映画制作・配信
前身 Multi-Screen Corporation, IMAX Systems Corporation
設立 1967年8月20日 (55年前) (1967-08-20)カナダケベック州モントリオールにて)
創業者 Graeme Ferguson
Roman Kroitor
Robert Kerr
William Shaw
本社
事業地域
世界中
主要人物
Bradley Wechsler(社長)
Richard Gelfond(CEO)
製品 Special-venue films and movie theatres
売上高 増加 US$395.66 million (2019)[3]
利益
増加 US$58.5 million (2019)[3]
総資産 増加 US$889 million (2019)[3]
純資産 増加 US$637 million (2019)[3]
従業員数
673[3]
部門 IMAX、IMAX 3D、IMAX Dome、IMAX DMR、IMAX at AMCAMCシアターズとの合弁)、IMAX EnhancedDTSとの合弁)[4]
子会社 IMAX Filmed Entertainment
Ridefilm Corporation
Sonics Associates
David Keighley Productions[5]
3D Entertainment
ウェブサイト imax.com

IMAXコーポレーション(アイマックスコーポレーション)は、IMAXカメラと映写システムの設計・製造、映画の企画開発・製作・ポストプロダクション、世界のIMAX提携劇場への配給などを行うカナダの映画会社[6]。1967年にモントリオールで設立され、トロント地域に本社を置き、ニューヨークロサンゼルスで事業を展開している。

2019年12月現在、世界81カ国に1,624のIMAXシアターがあり、そのうち1,529は商業用マルチプレックスに設置されている[7]。これらには、IMAX 3DIMAXドームデジタルIMAXなどのIMAXバリエーションがある。CEOはリチャード・ゲルフォント英語版[8]

歴史[編集]

IMAXは、オンタリオ州ミシサガを拠点とするカナダの企業。1967年に、Graeme Ferguson、Roman Kroitor、Robert Kerrの3人の映画製作者がIMAXコーポレーションを設立したのが始まりである。IMAXは、ローマン・クロイトール、コリン・ロー、ヒュー・オコナーの3人によるマルチスクリーン作品から生まれたアイデアと新しい技術によって誕生した。モントリオール万国博覧会では、『In the Labyrinth[9]とファーガソンの『Man and the Polar Regions』(ロバート・カーが共同製作)の両作品がどちらも上映された[10][11]。その経験から、Graeme Ferguson、Roman Kroitor、Robert Kerrの3人は、これまでにない大規模で複雑なプロジェクトを開発するには、新しい技術が必要だと考えた。その結果、彼らは1968年にウィリアム・ショーというエンジニアを探し出し(彼はファーガソンやカーと一緒にオンタリオ州ガルト、現在のケンブリッジにあるガルト・カレッジ・インスティテュートに通っていた)[12]、この技術の開発を依頼した。その後、Shawは、従来の35mmフィルムの10倍の大きさで、圧倒的な高画質の映画を作ることができる新しいプロジェクターを開発した[13]。この新技術を使ってIMAXコーポレーションが初めて製作した映画は、日本の大阪で開催された日本万国博覧会(通称:大阪万博)で上映された『虎の仔』であった[13]。Graeme Ferguson、Roman Kroitor、Robert Kerrの3人が、巨大スクリーン、サラウンド・サウンド、スタジアム・シートを備えた劇場を作りたいと考えたのは、マルチスクリーン・ビューイングのためだった。

William Shawは、大型スクリーン、サラウンド・サウンド、見やすい座席など、より大きく、よりリアルな体験を観客に提供するというIMAXコーポレーションが抱く野望の実現に貢献した[11]。ショーは、2002年8月31日に73歳で亡くなるまで、(公式には引退していたが)デザイナー兼開発者としてIMAXに在籍した[13]。ショーは引退する前に3Dカメラを開発し、IMAXフィルムズのために国際宇宙ステーションに送り込んだ[13]。1994年、投資銀行家のGelfondとBradley Wechslerは、レバレッジド・バイアウトによりIMAX Corporationを買収し、NASDAQ証券取引所に上場した[14][15]。その後、IMAXは、ハリウッドの製作会社に技術を使ってもらえるように働きかけることに力を注ぎ始めた[16]。IMAX Corporationのもう一人の技術者であるブライアン・ボニック(IMAX Corporationの最高技術責任者)は、全世界のIMAXがハリウッドの大作映画を製作することを可能にする技術を開発した[17]。その業界で求められるより柔軟な技術は、さまざまな場所で素早く適応できるIMAX DMR(デジタルリマスタリング)の開発につながった。その後、IMAXエクスペリエンスやIMAX MPXシアターシステムなどの新しい技術が導入された。刷新されたIMAX 2Dの映像は、IMAX 3Dに移行された[17]

最近の主な出来事[編集]

  • 2009年4月、GelfondはIMAX単独のCEOとなり、Wechslerは取締役会の会長に就任した[18][19]
  • 2009年後半、IMAXは映画『アバターに参加し、IMAXははハリウッドのメインストリームでの成功を収めた[20][21]
  • 2011年3月、IMAX社は、中国のワンダ・シネマラインがIMAXコーポレーションとの75館の契約を発表したことに言及した[22]
  • 2012年、IMAXは中国の天津に最初の拠点を開設した[23]
  • 2015年10月8日、同社の子会社であるIMAXチャイナが香港証券取引所に上場した[24]ハリウッド・レポーターウォール・ストリート・ジャーナルによると、「IMAX Chinaは新規株式公開で2億4800万ドルを調達した[25]」とのことだが、これは「気配値の底」であった[26]
  • 2019年12月 (2019-12)現在、81の国と地域に1,624の劇場がある。

共同制作[編集]

2016年11月、マーベル・テレビジョン(2020年1月に「マーベル・TV・スタジオ」へ社名変更)とIMAX社は、同名のスーパーヒーロー種族を題材にした実写テレビシリーズ『マーベルズ・インヒューマンズ』を発表した。 ABCスタジオ(2020年8月に「ABCシグネチャー」へ社名変更)との共同制作となった本シリーズでは、IMAXが初となる資金調達パートナーを務めたことで、マーベルは本シリーズに他のテレビシリーズよりも多くの予算をかけ、特に視覚効果に力を入れることができた。シリーズ全体の撮影には、IMAXデジタルカメラが使用された。『インヒューマンズ』では、最初の2つのエピソードを劇場公開用に編集したバージョンが公開された。このエピソードは、2017年9月に世界中の劇場のIMAXスクリーンでデビューし、その後、ABCで毎週エピソードが放送された[27] [28] [29]。IMAX版の最初の2つのエピソードの評判が悪く、興行収入が350万ドルにとどまったことを受けて、リチャード・ゲルフォンドは、今後『ゲーム・オブ・スローンズ』に対する出資やコンテンツへの取り組みに沿った、より保守的なアプローチをとるつもりであることと、自社の資本を投資するかどうか、また投資する場合はどの程度まで行うかを検討する際には、より保守的になる、と述べている[30]

出典[編集]

  1. ^ https://www.imax.com/news/construction-start-imax-headquarters-playa-vista
  2. ^ https://www.bizjournals.com/bizwomen/news/latest-news/2019/12/imax-sets-new-global-box-office-record.html
  3. ^ a b c d e EDGAR Pro”. yahoo.brand.edgar-online.com. 2018年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月13日閲覧。
  4. ^ https://www.imax.com/content/imax-and-dts-partner-launch-imax-enhanced-program-home-entertainment
  5. ^ Imax Corporation – Company History”. Fundinguniverse.com. 2012年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月24日閲覧。
  6. ^ History of IMAX”. Funding Universe (2011年9月3日). 2012年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月2日閲覧。
  7. ^ IMAX and Cineplex Launch Canada's First IMAX VR Centre at Scotiabank Theatre Toronto”. markets.businessinsider.com. finanzen.net GmbH. 2018年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月16日閲覧。
  8. ^ Corporate Information”. www.imax.com (2016年5月9日). 2019年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月13日閲覧。
  9. ^ In the Labyrinth (1967) Full Cast & Crew”. IMDB. 2020年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月24日閲覧。
  10. ^ Aitken, Ian (October 27, 2005). “NFB's Labyrinth”. Encyclopedia of the Documentary Film. Routledge. pp. 168–9. ISBN 978-1579584450. https://books.google.com/books?id=JdSNAQAAQBAJ&q=Labyrinth&pg=PA168 
  11. ^ a b Anonymous (Spring 1993). “Oscar Nominated Canadian Company on the Leading Edge”. Performing Arts & Entertainment in Canada. ProQuest 224882893 
  12. ^ Tillson, Tamsen (2002年9月15日). “Obituaries: Shaw Thought Big: IMAX”. Variety. ProQuest 236388230 
  13. ^ a b c d Anonymous (2002年9月10日). “His Talents Made IMAX Possible”. National Post. ProQuest 329968693 
  14. ^ Enchin, Harvey (1994年1月13日). “TORONTO-BASED IMAX FINDS INVESTORS IN U.S.”. Toronto Globe and Mail. オリジナルの2018年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180412145811/https://www.deseretnews.com/article/330996/TORONTO-BASED-IMAX-FINDS-INVESTORS-IN-US.html 2018年4月12日閲覧。 
  15. ^ Imax brand is larger than life”. The Hollywood Reporter. 2018年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月12日閲覧。
  16. ^ Schawbel. “Richard Gelfond: How He Took IMAX From Museums To Hollywood” (英語). Forbes. 2018年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月12日閲覧。
  17. ^ a b Anonymous (2007年9月24日). “IMAX Corporation”. The Globe and Mail. ProQuest 383811791 
  18. ^ Imax nixes co-chairman, co-CEO posts”. 2021年8月28日閲覧。
  19. ^ IMAX realigns governance”. Financial Post. 2018年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月16日閲覧。
  20. ^ Lindner (2010年3月11日). “IMAX Chief Says Avatar Is Just The Start”. 2018年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月16日閲覧。
  21. ^ Avatar drives IMAX box office record” (2010年4月12日). 2021年8月28日閲覧。
  22. ^ IMAX”. IMAX Corporation. 2012年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月3日閲覧。
  23. ^ Anonymous (2009年5月5日). “IMAX Corporation; IMAX Signs Theatre Deal in China”. China Weekly News. ProQuest 199235087 
  24. ^ Brzeski (2016年2月24日). “Imax China to Install 100 New Screens in 2016, Bullish on Growth”. The Hollywood Reporter. 2016年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月25日閲覧。
  25. ^ Brzeski (2015年10月7日). “Imax China Begins Trading on Hong Kong Stock Exchange” (英語). The Hollywood Reporter. 2018年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月31日閲覧。
  26. ^ Lee, Yvonne (2015年10月1日). “IMAX China Raises $248 Million in Hong Kong Initial Public Offering”. Wall Street Journal. オリジナルの2018年2月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180201075444/https://www.wsj.com/articles/imax-china-raises-us-248-mln-in-hong-kong-initial-public-offering-1443676163 2018年1月31日閲覧。 
  27. ^ 'Marvel's The Inhumans' Coming To IMAX & ABC In 2017”. Marvel.com (2016年11月14日). 2017年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月14日閲覧。
  28. ^ Goldberg (2016年11月14日). “Marvel, ABC Set 'The Inhumans' TV Series”. The Hollywood Reporter. 2016年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月14日閲覧。
  29. ^ Barnes (2016年11月14日). “Marvel's 'Inhumans' TV Series Will Arrive via Imax Theaters”. The New York Times. 2016年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月15日閲覧。
  30. ^ Hayes (2017年10月27日). “Imax Concedes 'Marvel Inhumans' Experiment Let Down Moviegoers”. Deadline Hollywood. 2017年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月27日閲覧。

 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 公式ウェブサイト
  • IMAX Corporationのビジネスデータ: