IDG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
インターナショナル・データ・グループ(IDG)
International Data Group
本社所在地 米国マサチューセッツ州ボストン
設立 1964年
業種 情報・通信業
代表者 Patrick J. McGovern(会長)- 2014年死去
Bob Carrigan(CEO)
売上高 30億2000万ドル(2007年)
従業員数 1万3,640名(全世界)
外部リンク http://www.idg.com/
テンプレートを表示

International Data GroupIDG)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州に本社を置く、IT分野に特化したメディア、調査サービス、展示会/イベント運営、ベンチャーキャピタル事業を手がける企業である。

沿革[編集]

1964年、マサチューセッツ州ニュートンパトリック・ジョゼフ・マクガヴァンとその友人によりInternational Data Corporation(IDC)として設立された。現在、IDCはIDGの子会社となっている。

親会社はマサチューセッツ州ボストンにある。現在では、世界92カ国において、ComputerworldInfoWorldCIOMacworldNetwork WorldPC Worldなど、300以上のコンピュータ関連情報紙・誌を発行するほか、IDG.netやITWorld.comをはじめとする400以上のWebサイトで、IT関連情報ネットワークを提供している。また、全世界40カ国において、170タイトル以上のコンピュータ関連イベント/展示会を主催・運営している。

子会社の市場調査会社IDCは、世界50カ国でIT関連分野の市場調査を行っている。

IDG傘下のニュース・エージェンシー、IDG News Serviceは、世界各国のIT関連ニュース、写真、ビデオなどをIDGのWebサイトと印刷刊行物向けに提供している。ボストン本部のほか、ニューヨーク、ワシントン、サンフランシスコ、東京、台北、北京、シンガポール、バンガロール、パリ、ロンドン、ストックホルム、ブリュッセルに支局を設置している。

日本における展開[編集]

株式会社アイ・ディ・ジー・インタラクティブ
IDG Interactive, Inc.
本社所在地 108-0074
東京都港区高輪2-18-10 日石高輪ビル 8F
設立 2009年10月20日
業種 情報・通信業
事業内容 1.インターネット関連のコンテンツの企画・制作、およびWebサイト開発・運営
2.イベントの主催、企画及び運営
3.各種マーケティングリサーチの企画及び請負
4.上記に附帯関連する一切の業務
代表者 武井祐二(代表取締役社長兼CEO)
テンプレートを表示

日本では、株式会社コンピュータワールド・ジャパンがライセンス供与を受け、1982年から『週刊COMPUTERWORLD』(後に『日刊COMPUTERWORLD TODAY』)を発行していた[1]1987年、社名を株式会社アイ・ディ・ジー・コミュニケーションズと変更。『月刊MacWorld』をはじめ、『月刊SunWorld』『月刊Windows World』などの発行、「MACWORLD Expo/Tokyo」「Windows World Expo/Tokyo」などの展示会/イベントの運営を手がけた。

1999年、社名を株式会社アイ・ディ・ジー・ジャパンと改称。『月刊CIO Magazine』『月刊Computerworld』などの創刊、ならびに「STORAGE NETWORKING WORLD/Tokyo」「Search Engine Strategies Conference & Expo」「SaaS World Conference & Demo」などの展示会/イベントを主催・運営していた。2009年10月からは、オンライン/モバイル/イベントの各事業に特化した新会社、IDGインタラクティブの設立に伴い、出版事業を除くほとんどの事業がIDGインタラクティブによって運営されている。2013年6月からは、日経BPがIDGと業務提携し、同社が経営していた「CIO」と「Computerworld」の日本語サイトのURLが変更された[2]

運営サイト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 沿革”. IDGジャパン. 2011年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月7日閲覧。
  2. ^ 日経BP社とIDGが業務提携”. 日経BP社 (2013年6月4日). 2013年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]