I-CAS (NPO)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
特定非営利活動法人I-CAS
Intermediary for Citizen And Statesperson
NPO法人I-CASロゴ.png
国籍 日本の旗 日本
格付 NPO法人
コード 7012705000606
専門分野 教育系(主に政治教育
設立日 1999年10月28日
代表者 桑原賢人(代表理事
活動地域 首都圏
主な事業 議員インターンシップなど
郵便番号 113-0023
事務所 東京都文京区湯島2-7-15ストーク湯島横見坂102
予算 1,389,000(2016年度)[1]
会費 有・年会費5000円(学生1000円)
外部リンク http://i-cas.org/
テンプレートを表示

NPO法人I-CAS(エヌピーオーほうじんアイカス)は日本の東京都を拠点に活動している特定非営利活動法人である。 首都圏の大学生が中心となって、主に学生を対象とした議員インターンシッププログラムなどの提供を行っている。[2]

団体概要[編集]

NPO法人I-CASは1999年10月28日に学生の有志により任意団体として設立し、2002年9月10日にNPO法人格を取得した。[3] スタッフはほぼ学生であり、理事の過半数も学生で占められている。[4]

活動内容[編集]

議員インターンシップ[編集]

首都圏の都道府県議員及び市区町村議員にインターン生の受け入れを依頼、学生にインターンシッププログラムを体験する機会を提供する。 国会議員には受け入れを依頼していない。春期(1~3月)と夏期(7~9月)の年2回開催している。[5]

政策コンペ[編集]

学生に政策立案の機会を提供する企画。議員インターンシップと合わせて春と夏の年2回開催されている。[6]

高校生のための議員インターンシップ[編集]

高校生を対象とした短期議員インターンシッププログラムを提供している。[7] 通常の議員インターンシップと同じく国会議員はおらず、首都圏の都道府県議員及び市区町村議員に受け入れを行っている。また2015年秋に第10回マニフェスト大賞優秀シチズンシップ推進賞を受賞している。

高校出前授業[編集]

都内の高校で、都内の地方議員を呼んで出前授業を行なっている。

地方派遣型政治家体験プログラム[編集]

首都圏の学生に首都圏以外の地方の地方議員のインターンシッププログラムを提供している。

沿革[編集]

  • 1999年10月28日 - 任意団体として有志学生5名で発足
  • 1999年12月 - 第1期議員インターンシップを開催
  • 2002年9月10日 - 東京都よりNPO法人格の認証を受け、特定非営利活動法人I-CASが成立
  • 2005年1月15日 - 新宿オフィスを開設 
  • 2005年2月6日 - つくば支部が発足
  • 2007年6月 - I-CASインターン生参加者が1000人突破する
  • 2009年10月 - 設立10周年を迎える
  • 2015年8月 - 第一回高校生議員インターンシップを開催
  • 2015年9月1日 - オフィスを文京区に移転   

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2016年度収支予算案 2016年10月9日閲覧
  2. ^ I-CAS(アイカス)|ガクサー 2015年5月27日閲覧
  3. ^ I-CASについて 2015年12月14日閲覧
  4. ^ メンバー紹介 2015年12月14日閲覧
  5. ^ I-CAS>I-CASについて>総会決議事項>2015年度事業計画案>2ページ 2015年12月14日閲覧
  6. ^ I-CAS>I-CASについて>総会決議事項>2015年度事業計画案>2ページ 2015年12月14日閲覧
  7. ^ =2015年8月9日東京新聞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]