Galaxyブラウザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Galaxyブラウザ
Samsung Internet logo.svg
開発元 サムスン電子
対応OS AndroidTizen
種別 ウェブブラウザ
公式サイト Official website
テンプレートを表示

Galaxyブラウザ: Samsung Internet Browser)は、サムスン電子が開発したスマートフォンタブレットおよびスマートウォッチ向けのモバイルWebブラウザである。オープンソースChromiumプロジェクトに基づいており、Galaxyデバイスにプリインストールされている。2015年以降、Google Playからダウンロードできるようになった。近年では、Galaxy Storeを介してTizenベースのスマートウォッチでも利用できるようになった。月間アクティブユーザーが約4億人いると推定されており(2016年)、StatCounterによると、2018年5月頃の市場シェアは約4.98%(すべてのChromeバリアントで53.26%)だった。モバイル向けブラウザでは、Google ChromeSafariに次ぐ世界3位のシェアを誇る。

標準のChromiumコードベースとのコードの相違点のほとんどは、Gear VRや生体認証センサーなど、スマートフォン以外の特殊なデバイスをサポートするために導入されたものである[1][2]

歴史[編集]

2012年、Galaxyデバイスのデフォルトブラウザとして、GalaxyブラウザがAndroid標準ブラウザに代わり搭載された。2013年初頭頃、ブラウザベースをChromiumにすることが決定され、2013年後半、最初のChromiumベースのバージョンがGalaxy S4シリーズに搭載された。

Ver4は2016年初頭にリリースされ、シークレットモード、コンテンツカード、フローティングビデオ、ビデオ履歴機能、Webプッシュ、サービスワーカー、カスタムタブ、コンテンツブロッカー拡張機能が追加された。

Ver5は2016年12月16日にリリースされ、ウェブ決済と強化されたビデオアシスタントが追加された。

Ver5.4は、2017年3月にパブリックベータとしてリリースされ、スワイプジェスチャー、クイックメニュー、拡張ナビゲーションページ(中国のみ)、およびコンテンツブロッカーステータスUI(メニュー内)によるタブナビゲーションを追加された。安定版は、Galaxy S8の発売後、2017年5月に全世界でリリースされた。

Ver6.2は2017年10月30日にリリースされ、ハイコントラストモードとナイトモードが追加された。

Ver6.4は2018年2月19日にリリースされ、ダウンロードマネージャーが追加され、デフォルトでWeb Bluetoothが有効になった。

Ver7.2は、2018年6月7日にリリースされ、WebGL2、インターセクションオブザーバー、Webアセンブリ、および保護されたブラウジングが追加された。

Ver7.4は2018年8月19日にリリースされ、インテリジェントスキャンによる認証、カスタマイズされたリーダーモード、ダウンロード履歴の改善が追加された。

Ver8.2は、2018年12月21日にリリースされ、改善されたダウンロードマネージャー、改善されたリーダーモード、バグ修正と安定化、SmartSwitch経由のクイックアクセス同期が追加された。

Ver9.2は2019年4月2日にリリースされ、以前のバージョンで「クイックメニュー」として追加された「ビデオアシスタント」拡張機能が削除され、One UIによるアプリアイコンおよびユーザーインターフェースの再設計が行われた。片手操作、スマートアンチ追跡、すべての画像を保存するオプションが追加された。また、バグ修正および安定化が図られた。

Ver9.2.10.15は2019年5月19日にリリースされ、YouTube Webビデオに+10秒および-10秒のシーク機能を追加し、RAM使用量を最適化し、ダークモードとDeXモードでの虹彩認証での自動ログインに影響する2つのバグを修正された。

Ver9.4は2019年7月22日にリリースされ、QRコードリーダー、タブレットデバイス用のタブマネージャー、Webプッシュ用の通知マネージャー、各タブの履歴ナビゲーション、ビデオ自動再生コントロール、「ホーム画面に追加」中の名前変更機能が追加された。また、バグ修正と安定化が行われた。

Ver10.1.00.27は2019年9月8日にリリースされ、クイックアクセスデータ同期とさらに洗練されたユーザーインターフェイスが追加され、ChromiumがM71にアップグレードされた。また、バグ修正と安定化が行われた。

Ver10.1.01.3は2019年10月3日にリリースされ、右から左に書く言語のブックマーク、履歴、保存ページのバグが修正され、ユーザーインターフェイスが再度改良された。

Ver10.2.00.53は2019年11月24日にリリースされ、ビデオアシスタント、お問い合わせアイコン、Galaxyブラウザを使用できるアプリ、カスタマイズ可能なメニュー、更新されたタブマネージャー、再度洗練されたユーザーインターフェイス、改善されたハイコントラストモードなどが追加され、バグも修正された。

Ver10.2.01.10 (Chromium 71)は、2020年1月14日にリリースされ、ピクチャーインピクチャー(PIP)オプションの追加、DeXのStand-aloneモードでの指紋認証機能、スクロールキャプチャの機能強化、特定の状況でのクラッシュなどの問題の修正が行われた。

Ver11.1.1.52 (Chromium 75)は、2020年2月25日にリリースされ、ブラウザ拡張機能の追加(Android Marshmallow以降、Galaxyアカウントが必要)、Go To Topボタン等のUI改善、クイックアクセス、バグ修正と安定化、パフォーマンスの向上が行われた。

サポート状況[編集]

Galaxyブラウザは、Android 5.0以降のすべてのスマートフォンをサポートしている。

(過去のv5.0のAndroid向けGalaxyブラウザは、Android 5.0以降を搭載したGalaxyおよびGoogle Nexusのスマートフォンでのみサポートされていた。)

特徴[編集]

  • 広告ブロック拡張機能
  • Gear VRとDeXの統合
  • Knox標準サポート
  • タブとブックマークの同期
  • 読み取り専用モード
  • ページ保存
  • 生体認証を用いた「シークレットモード」(Knoxでトラップされたデバイスでは使用不可)
  • セキュアWeb自動ログイン
  • Sペン機能
  • サービスワーカーとプッシュAPIのサポート
  • 超省電力モード
  • ナイトモード

ロゴ[編集]

Galaxyブラウザのロゴ(One UI)
Galaxyブラウザのロゴ(Galaxy Experience)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Overview for Gear VR”. Samsung Developers. 2018年5月1日閲覧。
  2. ^ Samsung Internet for Gear VR Update Makes Browsing More Immersive”. Samsung Newsroom. 2018年5月1日閲覧。