G5RV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

G5RVとは、アマチュア無線で用いられるアンテナの一種である。もっぱら短波帯において用いられる。設計者であるイギリスのアマチュア無線家、ルイス・ヴァーニー(Louis Varney1911年6月9日 - 2000年6月28日[1])のコールサインがそのまま名称になっている。

ダイポールアンテナなどのアンテナは、エレメント(導線)の長さが1/4波長の奇数倍の条件を満たした場合に共振が発生し、電磁波と高周波電流の変換効率が最大になる。短波帯におけるアマチュア無線の周波数帯は3.5MHz帯、7MHz帯、14MHz帯、21MHz帯、28MHz帯と倍数関係になっているため、エレメントの長さを上手に選択すると、1本のアンテナで複数の周波数帯に共振させることができる。この考え方により作られたアンテナがG5RVである。

構造は、全長31m(104フィート)のダイポールアンテナの中央に、長さ9.45m(31フィート)のフィーダー線を接続して給電するものである。給電にはマッチングが必要である。この大きさで最低使用周波数は3.5MHz、半分の大きさで最低周波数は7MHzとなる。なお、性能は劣るものの10MHz帯、18MHz帯、24MHz帯でも使用可能である。

脚注[編集]

  1. ^ Summary of the Life and Times of Louis Varney (pdf)” (英語). Mid Sussex Amateur Radio Society. 2013年6月25日閲覧。

関連項目[編集]