FreedomBox

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FreedomBox
FreedomBox-logo-standard.svg
種別 個人用サーバ
公式サイト freedomboxfoundation.org
テンプレートを表示

FreedomBoxとは、フリーソフトウェアで動作する分散型のソーシャルネットワーク、電子メールVoIP向け[1]個人用サーバを開発、設計し、そして推進するコミュニティ・プロジェクトである[2]。このプロジェクトは2010年2月2日ニューヨークISOCの会合にて、エベン・モグレンにより発表された[3]

それから一年後、2011年2月4日にモグレンは"FreedomBox Foundation"という本プロジェクトの中核となる組織を立ち上げた[4]。2011年2月18日、当組織はクラウドファンディング[注釈 1]サービスを手がけるKickstarterを利用し、30日間で60,000ドルを調達するキャンペーンを開始した[5]。目標は2月22日の時点で達成し[6]、2011年3月19日、1,007人の支援者から86,724ドルもの資金を得てキャンペーンは終了した[5]

FreedomBoxの定義とスコープ[編集]

当プロジェクトは現在、FreedomBoxというものを次のように定義している。

a personal server running a free software operating system, with free applications designed to create and preserve personal privacy.

参考訳:

フリーソフトウェアオペレーティングシステムで稼動し、個人のプライバシーを作成かつ保護するよう設計されたフリー・アプリケーションを利用する個人用サーバ。

当プロジェクトは、個人の住居やオフィスに容易に設置できるプラグ・コンピュータ上で稼動するソフトウェア・スタックの開発を目標としている。ハードウェアの非中央集権的な分散配置を推し進めることにより、FreedomBoxが「圧制国家における日常生活にちゃんとしたプライバシーを与え、自由を守ることを求める人々のつながりを安全に保つ」 ということをプロジェクトは期待する[7]

関連するもしくは類似するプロジェクト[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ インターネットを使い資金援助を広く浅く得る新たなファンド手法。単なる寄付とは異なり支援者には何らかのリベートがある。

出典[編集]

  1. ^ What will Freedom Boxes do?”. FreedomBox Foundation. 2011年2月20日閲覧。
  2. ^ FreedomBox/Roadmap”. Debian Wiki. 2011年2月20日閲覧。
  3. ^ Highlights of Eben Moglen's Freedom in the Cloud Talk”. Software Freedom Law Center. 2011年2月20日閲覧。
  4. ^ Why Political Liberty Depends on Software Freedom More Than Ever”. Software Freedom Law Center. 2011年2月20日閲覧。 “Yesterday in the United States, we formed the FreedomBox Foundation, which I plan to use as the [...] organizational headquarters [...]”
  5. ^ a b Push the FreedomBox Foundation from 0 to 60 in 30 days”. Kickstarter. 2011年2月20日閲覧。
  6. ^ Thank you Kickstarters”. FreedomBox Foundation. 2011年2月23日閲覧。
  7. ^ FreedomBox Foundation”. 2011年2月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]