FREITAG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FREITAGのメッセンジャーバッグ

FREITAG(フライターグ)は、スイスチューリッヒにあるメッセンジャーバッグブランドである[1]トラックを再利用して作られており、1つ1つ手作りされているため、この世に1つも同じ製品はない。現在カバン財布サッカーボールなどを含め40以上ものシリーズを生み出している。創業は1993年。2人の兄弟によって始められた。今では約220人の従業員を抱え、チューリッヒの工業地区に巨大な倉庫や工場、事務所を抱えている。

なお、日本語ではフライターグと"グ”を濁らせて発音しているが、実際ドイツ語ではフライタークとなる。ドイツ語のフライタークは英語のフライデイにあたる言葉だがフレイト・タグ(Freight Tag / 貨物印)から文字ってフレイタグと発音されることもある。

歴史[編集]

1993年にMarkus FreitagとDaniel FreitagがFREITAGを創業。

材料と調達[編集]

FREITAGの製品は、再利用された物が多く使われている。トラックの幌、シートベルト、自転車のタイヤチューブ、車のエアバッグ等である。 使用済みのトラックの幌の為のマーケットと言うのは存在しないため、使用済みのトラックの幌の入手はかなり大変なようである。 色々な柄の、トラックの幌を手に入れるため、FREITAGはトラックの幌を探すチームを社内に配置している。

シリーズ[編集]

現在では40を超えるシリーズを持っている。

シリーズはMESSENGER, DOWNTOWN, WORK & RELAX,SUCCESSORIESと4つのグループに分かれている。

なおSUCCESSORIESのMAC SLEEVEは黄色と白色のみである。それは、MAC SLEEVEに使われている幌がトラックの屋根の部分に使われている、丈夫な幌であり、その幌はたいてい黄色と白色だからという。

フライターグの製品は世界各国の約450カ所のセレクトショップなどのほか、ベルリン、ダヴォス(スイス)、ハンブルク、ケルン、ウィーン、ニューヨーク、チューリヒ、ローザンヌなどのフライターグ直営店で購入することができる。直営店は日本では東京、大阪、京都にある。現在でも、フライターグ兄弟がバッグのデザインを行っている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]