fMSX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

fMSXはエミュレーターの父といわれる Marat Fayzullin により作成された、MSXエミュレータの一つ。PCエミュレータでは最古参の部類に入るものである。オリジナルはプログラムの可搬性を想定してC言語で作成され、1993年にIBM-PCDEC Alpha上で稼働したのが最初と言われる。その後、ソースコードオープンソース化され、多数のプラットフォームに移植された[1]。また、ソースコードに含まれるZ80のエミュレーションエンジンは、他の多数のエミュレータに流用されている。

fMSX-MSDOS[編集]

PCの主力OSがMS-DOS 6.2、Windows3.1Windows95の時代に広く普及したfMSXのバリエーションの一つ。DOSベースなのでWindowsではMS-DOSプロンプト上で動作する。最終バージョンは1.6b2.a。必要なハードウェア要件は以下の通り。

参考文献[編集]

  1. ^ Fayzullin, Marat. “fMSX: Portable MSX Emulator”. komkon.org. 2006年12月25日閲覧。