Emmy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Emmy
対応機種 PC-8001
発売元 アスキー
ジャンル 会話型SML
発売日 1984年
レイティング なし(発売当時)
画面サイズ 160x100
BGMフォーマット BEEP
キャラクターボイス なし
CGモード なし
音楽モード なし
回想モード なし
メッセージスキップ なし
オートモード なし
備考 要FDドライブ、32Kメモリ
テンプレートを表示
EmmyII
対応機種 PC-88/mkIIFM-7MSX2
発売元 アスキー
ジャンル 会話型SML
発売日 PC-88 FM 1984年
MSX2 1986年
レイティング なし(発売当時)
画面サイズ 640x200、他
BGMフォーマット BEEP
キャラクターボイス なし
CGモード なし
音楽モード なし
回想モード なし
メッセージスキップ なし
オートモード なし
テンプレートを表示

Emmy』(エミー、Emmy THE FUNNY GAME)は、1984年に工画堂スタジオが開発し、アスキーから発売されたコンピュータゲーム。工画堂スタジオが初めて市販ゲームソフトに関わった作品とされる。

続編の『EmmyII』(エミー2)も本記事で述べる。

概要[編集]

主人公の女性、Emmyとチャットのような感覚で会話を進めるゲームソフト。『ファニーゲーム』、『人工知能型ゲーム』などと銘打って発売された。

名前の由来は機能を模倣するという意味のemulationから来ており、ゲーム内容は、会話が進むにつれ画面に登場するEmmyの姿勢や服装が変わっていくといったものである。システム的に見ると、入力された会話を逐次データベースとして記録しそれを後の会話に反映するという、ある程度の学習能力を持った人工無脳である。会話内容はプリンターから出力することもできる。解像度160×100ドット、同時発色数8色というPC-8000シリーズのスペックでのグラフィック描画や、フロッピーディスクドライブがさほど普及していない時代背景でのディスク版専用ゲームソフトとして発売されたことも注目された。

EmmyII[編集]

続編にあたるEmmyIIでは、PC-8801/mkII対応版、FM-7対応版、MSX2対応版が発売された。

ゲームシステムは基本的に前作と同じであるが、PC-8801版とFM-7版では解像度640×200ドット、同時発色数8色とグラフィック性能が向上したことにより、前作と比べ描写が大きく改善されている。また、後発のMSX2版では256色とさらに描写が向上したことにより、実際のモデルを撮影した実写取り込み画像を使用しているが、そのかわりにポーズが変わるだけで脱衣はしなくなった。また、PC-8801版、FM-7版では金髪の欧米人風のキャラクターデザインだったものが、MSX2版のモデルは日本人に変えられている。

タイトルロゴ表示ではソフト初起動時は『VIRGIN II』と表示され、会話の記録が一度でも行われると、取り消して『VERSION II』となる演出がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]