Digital Photo Professional

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Digital Photo Professional
開発元 キヤノン株式会社
初版 2004年
最新版 3.13.45(Windows
3.13.45(Mac OS X
/ 2013年9月24日
対応OS Microsoft Windows 8 / 7 / Vista / XP (SP2,3) / MacOS X 10.4 - 10.6
公式サイト http://cweb.canon.jp/camera/dpp/index.html
テンプレートを表示

Digital Photo Professional(以下DPPと略す。)はキヤノン製デジタルカメラに付属するRAW画像を処理するソフトウェアである。 DPPはRAWフォーマットだけでなく、JPEGフォーマット、TIFFフォーマットの処理も可能である。

沿革[編集]

2004年に発売されたプロ向けデジタル一眼レフカメラEOS-1D Mark IIに同梱されたのが最初のバージョンである[1]。その後、中級機のEOS 20Dや初級機のEOS Kiss デジタル Nにも同梱されるようになる。2005年発売のEOS 5Dに同梱されたVer 2.0からはピクチャースタイルにも対応した[2]

機能[編集]

キヤノン製のデジタルカメラに記録されたRAW、JPEGフォーマットデータの閲覧と、RAWフォーマットデータの色温度、明るさなどの処理や各種補正、キヤノン製レンズを使用した際にはレンズの歪曲などの修正、フォーマット変換や処理済データのプリントを一連のワークフローとして処理できるソフトウェアとなっており、データ入力、現像処理、プリントまで一貫して行えるため、初心者からプロフェッショナルまで広範囲に使用が可能である。

カメラメーカーが作った無償に近い形で配布されているソフトウェアである。

脚注[編集]

  1. ^ マイコミジャーナル(毎日コミュニケーションズ) (2004年1月29日). “DIGIC II・8.5コマ/秒連写のプロ向けデジタル一眼レフ「EOS-1D Mark II」” (日本語). 2010年5月14日閲覧。
  2. ^ デジカメWatch(Impress Watch) (2005年8月23日). “キヤノン、フルサイズCMOS搭載のデジタル一眼レフ「EOS 5D」” (日本語). 2010年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]