Data Radio Channel

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Data Radio ChannelDARC)は、FMラジオのサブキャリアにおける、デジタルデータのブロードキャストの標準である。これはRadio_Data_System(RDS)と類似しているが、より多くの帯域幅を持つ。

DARCは日本で開発され、そして派生はヨーロッパでSWIFT(System for Wireless Infotainment Forwarding and Teledistribution)プロジェクトによって開発された。ヨーロッパの派生は最初SWIFTと呼ばれていたが、SWIFT 国際銀行間通信協会との混乱を避けるために、1997年より、DARCと呼ばれている。

1997年、DARCは全ヨーロッパ標準のETS 300 751として承認された[1]

歴史[編集]

DARCはNHKによって開発された。

SWIFTプロジェクト(EUREKA 1197)[2]は日本のDARC変調方式を引き継いだものの、異なるデータ符号を導入し、重要な試験を行った

技術特徴[編集]

データは、FMラジオの放送局から放出する76kHzのサブキャリアで送出される。信号は44kHzの幅を占拠する。サブキャリアはLMSK(level-controlled minimum shift keying)で変調する。

DARCと一緒になることで、FMラジオの送信機によって占拠される周波数の幅は、送信機が隣接周波数を占拠した時に、干渉を導きそうなぐらい、かなり増加する。

DARCは生の16kbit/s、有用的な8.9kbit/sの高い帯域幅を提供する[3]

アプリケーション[編集]

DARCは、その高い帯域幅のために、交通情報のブロードキャストに良く適している。日本では1996年より、東京名古屋及び大阪の都市範囲で、VICS(Vehicle Information and Communication System)サービスが展開中である。対してフランスでは、TMC/Alert-Plus情報のブロードキャストのために試験されている。

アメリカでは、これが1998年よりデジタルDJサービスによる市場情報のブロードキャストのために使用された[4]

類似技術[編集]

RDSやMicrosoftのDirectBand(英語)など、DARCに類似したデジタル伝送のいくつかの標準がある。DARCとDirectBandは、RDSと組み合わせて使用​​することができる。

参考文献[編集]

  • Dietmar Kopitz, Bev Marks 「RDS:The Radio Data System」 Artech House Publishers 1999年 セクション7.6.2及び13.3.2.2

脚注[編集]

  1. ^ Rembovsky, Anatoly (2009). Radio Monitoring: Problems, Methods and Equipment. Springer. p. 167. ISBN 978-0-387-98099-7. http://books.google.ca/books?id=2ra1lg9MCLgC&pg=PA167&dq=%22Data+Radio+Channel%22&hl=en&sa=X&ei=kH73UKC0MIaNqgHek4CYDA&redir_esc=y#v=onepage&q=%22Data%20Radio%20Channel%22&f=false. 
  2. ^ P. Scomazzon et R. Andersson, Un système de radiodiffusion de données à débit élevé utilisant le réseau MF terrestre - Le projet SWIFT Eurêka 1197 UERテクニカルレビュー 1995年
  3. ^ National Instruments 「Broadcast Radio
  4. ^ Digital DJ Provides Continuous Real Time Stock Quotes; Affordable Portable Offers Stock Quotations On Wireless Data Receiver

関連項目[編集]

外部リンク[編集]