DNML (緑)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

DNML(緑)は、ビジュアルノベル形式のゲームを作成可能なフリーソフトウェアであり、その構文はDNMLに準拠している。

花梨が開発した本家のDNML(以下、本家DNML)と同様に、Susieプラグインを用いることであらゆる画像形式に対応できるため、美少女ゲーム二次創作ツールとして主に利用されている。なお、『CLANNAD FULL VOICE』用のツールとして公開されている[1]が、実際はそれ以外のゲームの二次創作にも問題なく利用可能である。

2008年2月29日に、『CLANNAD FULL VOICE』の発売に合わせて公開された。

概要[編集]

DNML(緑)は、本家DNMLの仕様をほぼそのまま引き継いだ互換エンジンであり、本家DNMLにはなかったバックログ表示、既読スキップ、文章自動送りといった機能を備えている。

本家DNMLとの互換性[編集]

本家DNMLとの互換性は非常に高く、必要なSusieプラグインとテンプレートを導入することで、ほぼすべてのDNMLブック(DNMLで記述されたファイル)が閲覧可能である。また、本家DNMLで廃止になった古い仕様もサポートしており、2000年以前の初期のDNMLブックも、そのほとんどが正常に動作する。ただし、本家DNMLで存在したバグがなくなったことにより、古いDNMLブックを閲覧する際、一部の演出が作者の意図通りに表示されないこともある。

位置づけとしては、DNML(緑)は本家DNMLの上位互換に近いが、独自の仕様拡張についてはそれほど積極的には行われていない(2012年1月現在)。

脚注[編集]

  1. ^ DNML(緑)開発者のコメントより。

外部リンク[編集]