Casper

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Casper(キャスパー)は、アメリカ合衆国ニューヨーク発のマットレスブランド。また、「ユニコーン企業」と呼ばれる、10億ドル以上の企業価値を持つ未上場のスタートアップ企業

2014年、ニューヨークにて、Sherwin、Neil Parikh、Gabe Flateman、Jeff Chapin、Philip Krimの5名で創業された。

概要[編集]

  • Casperは、マットレス購入における障壁は「選択肢の多さ」「販売店によって異なる名称」などであることを把握し、「他の選択肢をなくす」というシンプルなコンセプトをもってローンチされた[1]
  • 会社設立時から、マットレスブランドではなく、「睡眠を中心としたデジタルファーストブランド」としてスタート[1]
  • モデルは一種類のみ、価格への配慮、自宅に直接配送。
  • 約1ヶ月で100万ドル(約1.1億円)の製品を売り上げ、初年度は1億ドル(約110億円)を売り上げる。
  • インスタグラムやツイッターの運用によって、インフルエンサーPRにも力を入れている。
  • SEOにもかなり注力しており、いくつかの記事でそのことが取り上げられている[1][2]
  • マットレスD2Cブランドのタフト&ニードル(Tuft & Needle)[3]はAmazonと提携して専用のマットレスを販売、寝具ブランドのパープル(Purple)はシェルカンパニーに買収されて2017年に上場。2019年4月の記事では、「いまやライバル企業は多く、非常に難しい立場にある」(ベインキャピタルのスコット・フレンド氏)というコメントがあったことも掲載されている[4]

沿革[編集]

2016年、インテリア店のウエストエルム(West Elm)とパートナーシップを締結(同年に終了している)[5]

2017年、大手小売り店ターゲット(Target)の1,000拠点で商品の販売を始めた[5]

2018年1月、リアルショップをソーホーにオープン[6]

2018年7月、ニューヨークに睡眠スポット「ドリーマリー(The Dreamery)」をオープン[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Incubation, D. G. (2019年7月5日). “【完全版】D2Cビジネス事例集から学ぶ 成功の秘訣とは Part1” (日本語). Medium. 2019年9月24日閲覧。
  2. ^ yuichiro007 (2018年11月14日). “2年目で売上100億円の衝撃。マットレスD2C「Casper」の勝ちパターン” (日本語). MORILOG. 2019年9月24日閲覧。
  3. ^ D2C ブランドと大手企業の合併は、なにを生み出せるか?:タフト&ニードルの挑戦(DIGIDAY[日本版])” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年9月24日閲覧。
  4. ^ DIGIDAYJAPAN (2019年4月25日). “D2C 業界の未来を占う、「先駆者」キャスパーの行く末” (日本語). DIGIDAY[日本版]. 2019年9月24日閲覧。
  5. ^ a b c 編集部, mashup NY (2018年7月14日). “マットレス会社Casper「睡眠」を販売!NYに昼寝ラウンジDreameryオープン” (日本語). mashup NY. 2019年9月24日閲覧。
  6. ^ マットレス界のディスラプター CASPERが初の路面店 in NY | トレンド | RINA | アパログ | ファッション、アパレル業界のブログポータルサイト” (日本語). blog.apparel-web.com. 2019年9月24日閲覧。