BSDデーモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

BSDデーモン: BSD Daemon)は、BSDオペレーティングシステムマスコットである。BSD関連書籍やBSDの関連サイト、BSDのスクリーンセーバーなどで見受けられる。公式な名前は無く、愛称はBSDデーモン君デーモン君ビースティ君: Beastie)。

UNIXUNIXライクマルチタスクのオペレーティングシステムで、システム機能を実行するためにバックグラウンドで実行されているプロセスデーモン: Daemon)にちなんでこの名前がついている。手に持つトライデントはプロセスのフォーキングを象徴している。

UNIXやUNIXライクなオペレーティングシステムでプロセスを生成するためのシステムコールfork(フォーク)と言い、forkする事をforking(フォーキング)と言う。

つづりはDemonではなくDaemon、英語で守護神を意味している。マーシャル・マキュージックUnix File Systemの開発者として知られている)が著作権を有している。

BSDデーモンを最初に描いたイラストレータはジョン・ラセターであり、4.3BSDに際し1988年3月22日に描いている。最近は主に、ほそかわたつみが描いたイラストが知られている。

アスキーアート[編集]

                ,        ,         
               /(        )`        
               \ \___   / |        
               /- _  `-/  '        
              (/\/ \ \   /\        
              / /   | `    \       
              O O   ) /    |       
              `-^--'`<     '       
             (_.)  _  )   /        
              `.___/`    /         
                `-----' /          
   <----.     __ / __   \          
   <----|====O)))==) \) /====      
   <----'    `--' `.__,' \         
                |        |         
                 \       /       /\
            ______( (_  / \______/ 
          ,'  ,-----'   |          
          `--{__________)          

関連項目[編集]

外部リンク[編集]