B-Method

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

B-Methodとは、AMN(Abstract Machine Notation)という仕様記述言語(兼プログラミング言語)を中心とした形式手法に基づいたソフトウェア開発手法である。B-Method で使用する形式手法やそのツール群は単に B と呼ぶ。

概要[編集]

Jean-Raymond Abrial を中心としてフランスおよびイギリスで開発された。Abrial の開発したZ言語とも関連しており、仕様からのプログラミング言語コード作成をサポートしている。ヨーロッパでは、大規模なインフラシステムで利用されており(パリメトロ14号線など)、産業界の注目を集めつつある。堅牢で商業利用可能なツールが提供されており、仕様記述設計検証ソースコード生成が可能である。

Z言語に比較して抽象化レベルが低く、単なる形式仕様記述というよりもコードへの詳細化に重きを置いている。そのため、B で書かれた仕様はZ言語の場合よりも実装が容易である。特にそのために様々なツール群が用意されている。

Event B[編集]

Rodin tool, Deploy などのプロジェクトにより、EclipseとBとを組み合わせて、対象を記述をできるようにしたシステムとしての拡張。教科書であるModeling in Event-Bが蜂の写真が表紙になっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この記事は2008年11月1日までGFDLバージョン1.3以降の再ライセンス規約に基いていたFree On-line Dictionary of Computingにある項目の資料が元になっている。