AccuRev

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AccuRev は、商用のプロプライエタリバージョン管理システムである。AccuRev, Inc が開発し、初期 バージョンが2002年にリリースされた。

概要[編集]

AccuRevはストリームをベースとした構成管理システムである。また、バグトラッキングシステムを内蔵し、構成管理システムとバグ管理システムを1つのシステムで運用する。

クライアントのインタフェースは、グラフィカルなものとコマンド行とがあり、各種統合開発環境(Eclipse、Visual Studioなど)やサードパーティのアプリケーション(JIRA、ClearCaseなど)へのプラグインもある。[1]

システムのその他の機能として、トリガーと呼ばれるAccuRevへの操作をキーとしてスクリプトを実行する機能を持つ。[2]

長所[編集]

  • プロセスに従って構成要素が管理される。
  • ソフトウェアの変更とバグの内容を結びつけて管理する。
  • すべての操作が履歴として管理される。
  • インストールやサーバの運用が単純。(サーバとクライアントのOSを一致させる必要はない)

短所[編集]

  • 高価である。
  • データは暗号化されない。サードパーティ製品(SSH tunnel や VPN)を使えば暗号化可能。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]