等方的と異方的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。東名三好 (会話 | 投稿記録) による 2019年1月22日 (火) 13:46個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (曖昧さ回避ページへのリンクの除去)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

ある対象の性質や分布が方向に依存しないときそれは等方的英語:isotropic)であるという。また、方向に依存するとき異方的(anisotropic)であるという。別な表現では、ある対象の性質や分布が回転により変化しないとき等方的であり、回転により変化するとき異方的である。対象が等方的か異方的かは、対象の等方性(isotropy)もしくは異方性(anisotropy)の有無として表現する場合もある。

空間真空)は、本質的には、回転に関して物理法則不変であるので等方的である。また、そこに何らかの物体があるとそのは異方的になる場合がある。

  • ガラス光学的性質に関して向きによらないので等方的であるが、液晶結晶は向きによって異なる偏光応答をするので異方的である。
  • 地球が存在するせいで、地上重力場は一方向に引力が働いているので異方的である。ただし地球を中心に全体を見た場合、系を回転しても重力場は同じであるので等方的と見ることができる。
  • 木材は縦方向、年輪に垂直な方向、年輪の接線方向に関して強度などの性質が異なるので異方的な材料である。

関連項目