矩形関数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。紅い目の女の子 (会話 | 投稿記録) による 2018年10月4日 (木) 06:18個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (曖昧さ回避ページへのリンクを修正)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
矩形関数

矩形関数(くけいかんすう、: rectangular function)は、単関数の一種で、以下のように定義される関数である[1]

別の定義では、 を 0 か 1 にするか、未定義とする。

別表現

または、
とも表せる。
とも表せる。

性質

および、
ここで sinc は正規化されたSinc関数である。
また、その積率母関数は次のようになる。
ここで、双曲線正弦関数である。

参考文献

  1. ^ Earl G. Williams、吉川茂、西條献児訳 『フーリエ音響学』 シュプリンガーフェアラーク東京、2005年、8頁。ISBN 4-431-71174-0 

関連項目