岡田正三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Zazanasawa (会話 | 投稿記録) による 2017年5月30日 (火) 14:57個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎参考文献)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 正三(おかだ しょうぞう、1902年 - 1980年)は、ギリシア哲学などの研究者、神戸大学教授。戦前から漢文古典に関する著書を著し、戦後夕刊京都新聞編集責任者、のち神戸大学教授を務めた。

著書

  • 漢文音読論 政経書院 1932
  • 詩経 国風篇 第一書房 1933
  • 論語講義 第一書房 1934
  • 音読漢文自習書 第一書房 1935
  • 孟子講義 第一書房 1935
  • 無門関の構造研究 第一書房 1936
  • 大学・中庸・孝経講義 第一書房 1936
  • 老子心解 第一書房 1937

翻訳

  • プラトン全集 第1-5 第一書房 1933-1934
  • プラトン全集 第6巻 河出書房 1944
  • プラトン全集 第1-9巻 全国書房 1946-1949

参考文献

  • 関口安義『評伝松岡譲』(小沢書店、1991年)